稽古稽古稽古稽古レコーディング

というハードなスケジュールの中、

00F⁴ webショップ開店を迎えることになり、

各方面の方々に感謝申し上げます。

つきましては、僭越ながら私どもが出演させて頂く

Office Free Size 舞台公演
「Waiting Room」
の11月23日(木)
14:00 ~
19:00 ~
のチケットをプレゼントさせて頂きます。

http://tommymurakami.com/00f4/products/list.php?category_id=16

その他の日時予約は・・・

 

アーティスト様の活動を応援する為のカテゴリーも作成しております。

是非御覧頂き、

今後とも私、そしてショップ長の AYumi を宜しく御願い申し上げます。

 

元バイトAKBメンバーの千代田唯さん、

石川えりなさん(劇中挿入歌を歌います。)や、

オフィスコットンの俳優さん達をはじめ、

演技派(特に演出指示に即時対応してしまう方々が多く感心を超えて感動しています。)

の俳優陣が集結し、玄人(くろうと)にも楽しんで頂けると思います。

私は突然「ハイ、監督(役名で呼ばれています。)カワイイ顔!」

とカメラを向けられ、咄嗟(とっさ)に頑張るも出来ないを超えて

気持ち悪いことと相成りまして候(そうろう)。(笑)

更に!殺陣(タテ)も超スペシャリストが友人としてアドバイス。

いよく直人さんの人脈の広さに驚きますが、

その根拠となる生き様をそのままぶつけた=濃縮した舞台内容となっています。

超娯楽感動(傍で見てて泣きそうになるくらい)大作ですので是非お越し下さい!!

※ 役柄上私は無精髭(ぶしょうひげ)も・・・

使用前写真

  

⇨使用後写真

  

 

東京滞在5日目のレコーディングでは、

やっとヴォーカルテイクが終了しました!

次は「ウグイス坊や」と呼ばれた(笑)私自身のコーラスを録ります。

3rd Single、乞うご期待!!

 

2017.11.16. (Thu.)

時にふと ~Boss & Big Man~

お早うございます!

ヒューレットパッカードのノートパソコン「スペクトル」を買いました。

自らフルネームで表記するのが面倒臭いのか、

ほぼどこにも社名がフルネームでは書かれておらず、

「HP」で表記されています。

=ヒューレットパッカードホームページ=HPHP(紛らわしいわ!笑)

フル装で1TBのものを考えておりましたので、デザイン重視で決めました。

前に「KIRA(東芝)」を使用しておりましたので、比較してみますと・・・

今回の選択の要点は、

KIRAのストレージが低い=データ容量キャパが小さいので、

加工処理を行ったデータは全て外付けハードディスクに移す作戦でした。が、

処理に必要なアプリは結局本体に取り込まないといけない事に気付きました。

早々に4分の3の容量を使ってしまい、何度も再起動をかける羽目になりました。

KIRAの外せるキーボード、画面タッチパネルに期待がありましたが、

実質使用する機会も殆どなく、私としては不要なスペック(機能特性)認識が

今回の経験値として付加されました。(タッチペンもほぼ未使用でした。)

※ 私の場合、自宅と対外的なネットビジネスシーンでの使用、

ミュージック&動画加工での使用頻度が高かったものの、

全く利用を強制される場面はありませんでした。

ジョイント部分がある本体の接触不良は私の場合ありませんでしたが、

使用頻度によってはあり得ます

※ KIRAの電源差し込み部分はコネクタの先が三枚の金属板になっており、

本体のメス部分に金属部分と接触する3本の突起が埋め込まれています。

これをマグネットで引きつけあって固定するのですが、

本体を見やすい位置に動かした際や反対サイドのUSBポートに

若干厚みのある家電(例えばボイスレコーダー等)を差し込んだ際の浮き上がり

によって電源接触部分に歪みが発生すると本体の突起部分が折れるということがあります。

ので、こうしたリスクを背負っても必要か否かはよく考慮する必要があります。

SPECTREの電源は、昔ながらの直接差し込むタイプですが、

入出力兼用のポートから「Type-C」のコネクタで差し込む形になります。

標準のUSB×1 + Type-C USB×2(但し一つは電源に使用する)が外付け可能数です。

ROM は勿論、SDカードの受け口もありませんので、

USB オンリーでのデータやりとりとなります。

慣れる必要があるのは、

「デリートキー(カーソルの右側を消去するキー)の真下が

home = カーソルを行の一番前に移動させるキー」

になっており、デリートの下を叩けば back space = カーソルの前の文字を消去するキーで

イメージが出来上がってしまっている方は結構間違えてイラッとする可能性があります。

因(ちな)みに「back space」は、home の左隣 = 上から二段目、右から二番目にあります。

以上が今のところ思いつく皆さんが知りたいであろう情報です。

御参考になれば幸いです。

 

さて、新品のラップトップ=ノートパソコンを買うと、

「初めに何を聴くか?」

を考えます。

この機種は4K画面で確かによりクリアな画像で見れます。

サウンドもバックのギターやベースまで独立して聞こえてくる優秀な音響システムです。

行き着くところ、「原点」ですね。

私を幾度となく奮い立たせてくれた

「Born To Run ~ブルース・スプリングスティーン~」

でした。

 

俺のような根無し草は走るために生まれてきたんだ!

 

と歌い上げるロックに、評論家をして

「ロックの未来を見た。」

と言わしめた世界観に今だシビレます。

Born To Run ~Bruce Springsteen & The E Street Band~

https://www.youtube.com/watch?v=IxuThNgl3YA

※ 「ここへ来てくれてありがとう!

誰も勝者じゃない、それは皆が勝者だってことだ。」

と言って歌い始めています。

※ 後半 1.2.3.4 ! の後のラストAメロで会場全体が

片手リフト&スィングするシーンは必見です。

 

ブルース(音楽カテゴリーと間違えやすい呼び名です、ハイ。)は、

先の大統領オバマ氏をして

「私は大統領だが、ボスは彼だ。」

とまで言わしめるもはやロック界の Boss ですが、

バックの「E Street Band」の演奏の確かさが礎です。

「ロイ・ビタン」の繊細なピアノ。

叫び型ロックの伴奏にあって非常に確実なタッチで一音一音美しく奏でます。

キラキラ音の出るヤマハやスタンウェイが似合うピアニストだと思います。

「jungleland」のラストの長アルペジオには聴き惚れてしまいます。

「ニルス・ロフグレン」のギターアルペジオもまた素晴らしく、

よく聴かないと聞こえてこないかもしれませんが、

「My Home Town」では強調されていますので是非聴いてみて下さい。

そしてなんといっても朋友「クレアレンス・クレモンズ」、通称「ビッグマン」。

間奏を「スティーブ・バン・ザンド(リトルスティーブン)」が受け持っていたら

これほど売れていなかったかもしれません。

何もないところから9分の楽曲を完成させることは通常困難です。

単調な聴く人が飽きてしまうような楽曲なら出来ます。

ブルースは貧しい家庭環境で見てきたシーンに、

「こう思ってしているのだろう。」という廃退的行動の動機を想像し、

しかしそこにも

「頑張れば夢も叶うさ、腐らず明日も生きていこうぜ。」

と希望のファンタジーを付け加えたストーリーを歌詞にします。

アメリカの下層社会の心を代弁してきたアーティストの物語は、

「ベイビー今夜は夜通し一緒に遊ぼうぜ!」的な歌詞創りとは一線を画し、

到底4分では語り尽くせないものなのです。

アレンジは相当試行錯誤したことでしょう、ピアノ、ギター、サックス、

それぞれが引き立ちバラッドかと思えばエイトになり、

トーンダウンしてからさらに歩み始める雰囲気を醸し出します。

ブルースとE Street Band の英知とテクニックを集結してこその

「ロックの未来」

だったことでしょう。

9分もの長い楽曲に、

「どこも削るところが見当たらない。」

と思った楽曲はこれが初めてでした。

私はこういった楽曲を「ドラマティックロック」と呼び目指しています。

パートのいないシンセドラムやシーケンサーによるシンセサイザーの音が

要所を占めるライブステージではなく、

是非こうした生の音の終結として表現されるロックが評価される未来に期待します。

そしてそれを体現してくれた故 クレアレンス・クレモンズに感謝します。

Jungleland ~Bruce Springsteen & The E Street Band~

 

2017.10.21. (Sat.)

御詫び/改めて御報告

お早うございます!

先日御報告させて頂いた
テアトロ☆マジコ第9回公演
の参加について、
決定しておりましたが、
稽古スケジュールの認識について双方誤解があり、
今回の公演については
「”TOMMY” MURAKAMI は参加しない」
ということで合意に至りました。
既にチケットを御予約頂いた方には
大変申し訳ありませんでした。
御希望に応じて予約取り消し/そのまま予約を
御選択頂く対応をさせて頂きます。

また、
「何者やねん、こいつ?」の疑問にお答えする活動として、
Office Free Size「Waiting Room」
は順調に稽古が進んでいます。
是非足をお運び下さいませ。
宜しく御願い申し上げます。

Office FREE SIZE presents
『Waiting Room 〜たかがエキストラ されどエキストラ〜』

ある映画撮影現場の控え室。
そこには、今日がスター街道の第一歩だと信じている者たちが…
しかし、彼らはまだ名前を呼んでもらえない。
そう、彼らはエキストラなのだ!
今日の撮影を通して彼らが悟ったものとは!?
Office FREE SIZEがお贈りする、
コメディ×アクション = ヒューマンドラマ!

2017年11月22日(水)〜26日(日)
@中野ザ・ポケット

料金
前売 4,500円 当日 4,800円 ※全席指定
10月10日(火)21:00 カルテットオンラインにて発売開始予定!

2017年
11月22日(水)19時(♢)
11月23日(木)14時(♢) 19時(♢)
11月24日(金)19時(
11月25日(土)14時() 19時(
11月26日(日)12時(♢) 16時(
(♢)と()はダブルキャストとなります。
受付は開演の1時間前、開場は開演の30分となります。

作・演出
いよく直人

専用予約フォーム

https://www.quartet-online.net/ticket/tasdxp4/entry?urd=pL8lWG81Fg

 

2017.10.13. (Fri.)

追悼

前回のアップに
チェスター・ベニントン
を加えねばならないことを残念に思う。
ラップのサブボーカル、
マイク・シノダが日系ということもあって応援していた。
リンキンパークの特徴は、

ギターソロがない
ラップ+キャッチなメロディーのサビ

ラップから始まり、
合いの手のようにきれいなメロディーラインにのせた
チェスター・ベニントンのハスキーボイスが差し込まれ、
サビで一気に絶叫パートに変貌する。
しかしキャッチなメロディーを意識しているので、
とても入ってき易い。
ライブパフォーマンスではデジタルSEに依るところが多く、
メンバーがヘッドフォンをしながら演奏することも多々見られ
「スタジオレコーディングしてるから見てね」
みたいな残念感=ルックス的一体感のなさ
に今一つグルーブ出来ないバンドだった。
ボーカルだけが一生懸命盛り上げて浮いている感は否めなかったが、
稀代のハスキーボイスを失ったことを惜しく思う。
御冥福をお祈りしたい。

In The End ~Linkin Park~
https://www.youtube.com/watch?v=-QBUloXKBDk

※ 後期では全く見られない、
チェスター自身の生身ディレイプレイや
エンディングでのスキャットプレイ等
気合いの入っていた頃のパフォーマンス。

2017.07.21. (Fri.)

BIG に ONE UP ! ~音楽徒然日記~

https://big-up.style/artists/1519

お早うございます!

エイベックスエンターテイメント様が運営する音楽サイト

”BIG UP !”

にシングル2曲、アルバム1枚をアップさせて頂きました。

ロックンロール最高!

故郷、家族、って素晴らしいなぁ~、

バンドを組むのって楽しい~!!、

というようなことが感じられる作品となっております。

是非御試聴、御購入下さいませ!

 

シングル

https://big-up.style/artists/1519

 

アルバム

https://big-up.style/artists/1515

 

 

2017.05.22. (Mon.)

株式会社Bells Rock Vista Nagoya or Bells Rock Vista Nagoya inc.

2017年01月10日

設立しました!

今後とも宜しく御願い申し上げます!!

株式会社Bells Rock Vista Nagoya (Bells Rock Vista Nagoya inc.)

法人番号 : 1800-01-126229

所在地     : 名古屋市

資本金     : ¥5,000,000-

企業紹介 : https://www.youtube.com/watch?v=fln02dh2dOg

所属         : 名古屋商工会議所 (No.1157434)

SWAN SONG INC. (アーティスト名 : “TOMMY” MURAKAMI)

関連企業様

渋谷ラジオtokyo

web site 約80社

http://blog.livedoor.jp/van_tommy_halen-ohmr/archives/6945978.html

 

Alternative Seminar(企業人/社会人向けセミナー)

http://hp.nagoya-cci.or.jp/Alternative-Seminar/

 

swan song inc.
http://www.swansong.co.jp/artisst.r/f.html
1st single カイロウドウケツ
http://www.swansong.co.jp/demo/tm.mp3
2nd single 小さき者から小さい者達への讃歌
http://www.swansong.co.jp/demo/tm2.mp3

 

渋谷ラジオtokyo
https://www.youtube.com/watch?v=XMIbwEe0oXI

 

※ ググってチュブってリンクって頂くと目的のサイトに辿り着きます。

ロスト(迷)ったらサフって下さい。

もはやどんなフレーズがどんな意味を指すか不明・・・

 

コラボオファー/お問い合せ

お問合わせ(Questions)/お申し込み(Applications)/コンタクト(Contact)

 

2017.01.吉日

22世紀 ~22世紀へのメッセージ~

お早うございます!

 

2016年05月16日、

私のセカンドシングルがリリースされましたぁ~!!

☟ Please check label site & “TOMMY” MURAKAMI

http://www.swansong.co.jp/artisst.r/f.html

※ ジャケットの元となったスナップ

Photo by Yuki Tanabe

 

社会人、企業人人生30年。

私の実力で大企業への入社は程遠いおとぎ話でした。

”真面目が売り”

後に分かりましたが駄目なんですね、それでは。

初期の就職では長く勤めました。

平から社長に迄なった経験で、組織のいろはは理解出来ました。

実力にも自信がつき、それを前面に打ち出し、入社から期待され。

それに応える事が私の役割だと思いました。

”成果を出す”

これが最優先に求められます。それに伴い、

新入社員にバリバリやられて役職がついていったら、

誰でも気分のいいものではありませんね。

よくいじめられました、中には裁判になったものもあります。

こんなダークな経は、私に中小企業の問題点をほぼ理解させました。

”問題点を洗い出し、成果を出して、更に皆と上手くやってくれ”

これは、

”医者にがん患者が痛がらないよう完治させてくれ”

と言っているのと同じ、”不可能” な要求なのです。

経営陣、管理職が、歪を生む依頼をしたならば、

その先陣を切り、身を切る覚悟で解決に向け特攻していく

部下達を守ってやらねば!

”個人の保身”

が企業成長の最大の妨げである事をトップが理解する事です。

私とて根は優しい人間です、元々は誰でもでしょう。

”生理的に合わない?”

他人の成果を認めたくない、蹴落としてでも自分が上にいたい、

そんな輩(やから)からよく聞いたせりふです。

”お前がなんぼのもんやねん!!”

そう言ってやりたいです。(実際に言った事はありませんけどね。)

ロジックや仕事上の実力で潰せないとなるといよいよ

”あんた足がちんばだね。”

”自分から殴ってでも問題を起こす”

等もはや手段を選ばなくなります。そんな実態に嫌気がさし、

肩書は自分で創り出す以外に無いと気付き、

自分で仕事をするようになりました。

これは私だけの問題ではないでしょう。

いじめ、自殺、うつ状態・・・

日本に何人いることでしょう?

希望や夢に辿り着く道筋は、自分で切り開くもの。

闇の中光を見出せず、最悪(本人にとっては最良)の選択をしてしまう前に!

是非聴いて頂きたい楽曲です。

 

”後世に遺したいのでこの曲をCDにして下さい!”

とマネージャーに御願いして作成した作品です。

”世も末だ・・・”

は何百年何千年も前から言われてきた事でしょう。

必ず解決出来ます、いつか笑って話せる日が来ます。

闇を手探りでいつまでも歩かず、

私や同じ経験を持つ人に相談して光源を先ず見つけましょう。

遠~くにある点にしか見えないと思いますが、

真っ直ぐに目の前の一歩一歩を光に向かって歩き始めましょう!

それが私のような ”弱者” の生き様なのです。

根が優しいから精神がやられるんです。

自虐ネタで笑いをとる芸人達・・・

私には彼らが優しい人間である事がよく分かります。

”他人を笑いの種にして傷つけたくないんです。”

自分をコケ落として笑って貰う事で世の中を幸せにしたいんです。

私も同じスタンスで活動しています。

人の痛みが分かる事は弱者の ”強味” です、

地面にはいつくばっている今から、立ち上って歩き始めましょう!

とりとめもなく徒然に書き殴りました。

見直さずこのまま残しておきます、精査するよりこの方が伝わるでしょう。

読んで貰って有難うございました、

共感出来る方がいらっしゃったなら幸いです。

”小さき者から小さき者達への讃歌”

是非聴いてみて下さい。

 

小さき者から小さき者達への讃歌

~”TOMMY” MURAKAMI(SWAN SONG INC.)~

http://www.swansong.co.jp/demo/tm2.mp3

 

心の雄叫びが画像に映る迄、妥協無く撮り続けて下さった

”Yuki Tanabe 様”

本当に良いジャケットになりました、有難うございました!

 

ストレスフルな日々を仕事でサポートし、メンタルを支えてくれる

“AYumi さん”

心から感謝しております。

 

CD御購入先

http://www.swansong.co.jp/artisst.r/f.html

 

相談/メッセージ送信先

お問合わせ(Questions)/お申し込み(Applications)/コンタクト(Contact)

2016.05.20. (Fri.)

いよいよ? ~Chickenfootとギタリストの考察~

お早うございます!

久々の投稿です。

随分前に facebook “TOMMY” MURAKAMI’s facebook

”今一番見たいバンド”

として御紹介させて頂きました

”Chickenfoot(チキンフット)”。

参考画像

やっと youtube の動画が充実してきていて、

大きな箱でもライヴしている模様。

来日もあり得るかな?と期待しているところです。

初期のアレンジとは随分違った印象ですが、

この楽曲とカバー曲くらいしかアップされていませんでした。

Sexy Little Thing

 

サミー・ヘイガー(Vo. 元バンヘイレン)は、

体型、声、共に緩みきっていたバンヘイレン後期から脱却し、

声変わりしたかと思う程ハツラツとしたツヤのある声を聴かせています。

 

マイケル・アンソニー(B. 元バンヘイレン)の、

超ハイトーンコーラスは最高に楽曲を引き立てます。

サミー・ヘイガーとの声の融合も申し分無しです。

 

チャド・スミス(Dr. 現レッド・ホット・チリペッパーズ)

際立った意外性は無いドラマーですが、

ズドン!とくる重たいドラミングがカッコイイサウンドメイクがロックに合います。

 

キーパーソンは、元ソリストの ”ジョー・サトリアーニ(G.)”。

初期の頃は歌も歌っていました。

メロウなラインを得意としていましたので、

ソロも

”速弾きは出来るがやらない”

タイプです。その分

”ギターソロも歌っている”

感があり=スケールの中でとりとめも無く適当にやっている感が無く、

私は好きです。

 

余談ですが、ソロをギタリストのセンスで弾ききる=フレーズを思い付きまとめる

スキルは非常に高度で、プロでもなかなかいません。

ピッキングが指運とズレてミュートしてしまうのがたまにキズですが、

渡辺香津美の即興バリエーションとまとめるスキルは高く広い方(かた)だと

思います。アル・ディメオラとの ”タイマン?ギターバトル(ジャズフェス等の競演)”でも

正確さでアル・ディメオラ、バリエーションの広さで渡辺香津美と、

負けていない感じがしました。

Unicorn ~渡辺香津美 with Marcus Miller~

 

アンガス・ヤング(AC/DC)は、

イントロやバッキングのカッコ良さが売り、比して

”ソロはペンタトニックスケール内で無難にこなす=ここで勝負はしていない”

ギタリストです。だからといって低くみている訳ではなく、

”聴きたくなる楽曲に仕上げてくれる秀逸なギタリスト”

だと思っています。

Thunderstruck ~AC/DC~

 

”ユーミン(松任谷由美)が、

「私歌唱力で売ってるわけじゃないから。」と キッパリ言っていた”

のをよく覚えています。また、あくまで私個人の場合ですが、

”イングウェイ・マルムスティーンは、スキルの高さを認めつつも

彼の楽曲は殆ど聴かない”

というのも事実です。

 

総じて、トータル ”ミュジシャン” ですから、

”聴きたいと思うアレンジを含む素晴らしい楽曲を創ってくれるアーティスト”

である事が最も重要だと思っています。

 

本題に戻って・・・ジョー・サトリアーニは、

スタジオミュジシャンばりのギタリストですのでキッチリ弾きます。

”適当” が ”ボロボロ” になりがちなロックのパフォーマンスがまず無い、

安心して(但し派手な動きもあまり無いですが)聴いていられます。

 

彼らを見聴きしていると、

”音楽を始めたきっかけはモテたいから。

モテたい一心でカッコ良さを追求していたらいつしかストイックに

スキルアップしていた。いつの間にか超一流のテクニックを手に入れていて、

傍からカッコイイ!と言われるようになっていた。

実力があり余っているからリハなんてしなくても合わせられる。

今なら適当に演(や)っても最高のパフォーマンスを披露出来る。”

そんな

”余裕のある大人のロッカー”

を感じてしまいます。

 

久し振りに

”アメリカの大地で仰ぎ見る突き抜けるような空に

想いを馳せる 爽快なサウンドのアメリカンロック”

を聴いたようで・・・嬉しいですね。

My Kinda Girl

 

来日に期待しています!!

 

2016.05.04. (Wed.)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

22世紀 ~プチ紳士淑女が世界を救う~

お早うございます!

渋谷へ一日で往復して参りました。

報告は企画書が通ってからにさせて頂きますが、

お会いした方との待ち合わせ時間、

入れ替わりで帰られた方々は、同じ名古屋から来られた

韓国のタレントさんでした。

これだけのヒントでは絶対に当たらないと思いますが、

撮影禁止等いろいろと制約がありますので御容赦下さい。

 

さて、新宿ドトールでコーヒーブレイク中、

隣の方が

「火を貸して頂けますか?」と。

簡易ライターと試供品のラークトロピカルメンソールを差し上げました。

互いに ”良い一日を” と別れました。

”また会えるかも?” の期待も享受出来ます。

 

プチコミュニケーションは、何か心地良いあと味があります。

知らん顔、というよりは、

話す、話し掛ける勇気がないだけの場合が多いのではないでしょうか?

”どっちでも良かったんだけど、

 あの時話し掛ければ、

 シカトしなきゃ、良かったのに・・・”

 

座席を譲る事をためらうのも、”本当は良い人なのに” 誤解されてしまいますね?

どう思われようと心底気にしない人は

問題無いですが、結構後悔される方が多いと思ってます。

”少しでも人の役に立ちたい”

と願う方が多い、という証明だと思っています。

 

”私はプチ紳士淑女”

 

日々自分に言い聞かせ、

カッコつけてると思われはしないか?

と周囲の目を気にしてしまううちはまだまだ。

ごく当たり前に、自然に出来るようになると人生の幅も拡がりますよ。

 

”我が街のプチ紳士淑女”

 

目指してみて下さい!

一つだけ残念だったのは、

相手が男性だった事ですかね・・・(笑)

 

清々しくなる楽曲とコメントを・・・
Brilliant World ~The Yellow monkey~

※ 削除されたようですが、
  この楽曲の youtube でのやりとり
A : 光年は時間じゃなくて距離なんだよな
B : 好きな人といられるなら
      時間でも距離でもいいじゃない・・・

 

2015.12.04. (Fri.)