稽古クランクアップ&明日から はい本番!

いよく直人氏は演出家として出し尽くし、
出演者の顔を変えたのを目の当たりにした。
Before
After
これがモティベーティングだ。
いよく直人氏は人として優れた人脈を培ってきた。
性格ではない、生き様だ。
人は言う。
「水飲むふりって・・・ままごとじゃん。」
私は突っぱねる。
「いやいや飲んでないのに観る人には
まるで飲んでいるように見えるのはプロのスキルでしょ。」
出演者は正す。
「その通りです。でもその上に
ままごとを一生懸命やっている姿に感動して貰うのが
僕らの仕事です。」
この人達は哲学者だった。
稽古期間中休みの出演者に代役
(「スタンドイン」と呼ぶらしい)を立てる。
「誰か?」
動きも合わせなくてはならないから
私には到底出来そうにない。
このリスキーな穴に突進する出演者がいる。
私は問う。
「自分がつっかえて周りに迷惑かけたらどうしよう、
とか考えません?」
出演者は主張する。
「〇〇さんのスタンドインして自分にないキャラクターが
出来るところを見て貰いたいんです。『お前こっちか?!』
って言われたいんですよ。次に呼んで貰えた時、
今迄任せて貰えなかった役をやらせて欲しいんですよ!」
アッつ~!
彼らと話す時は夏でも冬でも冷房が要る。
彼らと交わる時、稽古場はオーディション会場と化す。
一人一人が高いスキルと実績を持ち寄り、
それぞれにプライドやアイデアがあれど、
いよく直人氏の演出に従い
全体のまとまりを崩さず高い完成度を目指す。
色の違いを売りにしようとはしない。
彼らに言わせれば「光ってはいない」のだ。
しがらみに揉まれ、
金の工面に躍起になり、
表現しきれない役者達へのもどかしさや打たれ弱さに
翻弄されてきたいよく直人氏の生き様が、
ピュアな演劇バカを引き寄せていると確信している。
こんな純粋なハートの人間が作った自叙伝が
面白くないわけがない。
是非多くの「生きるの辛い~。」
と思っている方々に観て頂きたい!
「いい年の大人がこんなバカみたいなことを
真剣にやっているっていう出演者達の姿を
是非見て欲しいんだよね。舞台にはいないけどさぁ、
俺もあそこに生きているんだよね・・・」
そんないよく直人氏のメッセージが込められた
ビジネススキル目線で見ても胸が熱くなる秀作だ。
 
AYumi のウェブショップ 00F⁴ からのプレゼントは
こちらから ☟
中野ザ・ポケット(新宿起点の劇場です。)
JR 中央線中野駅下車
南口へ出てメインストリートではなく、
線路に沿って西へ。
坂を上りながら最初の角を南(左)へ。
右へ行く何本かの路地にたばこ屋さんがあり、右へ。
セブンイレブンのある交差点を斜め左へ。
200m 程進むと右手にあります。(隣がイオンスーパーです。)
沢山の方々のお越しをお待ちしております!!
2017.11.21. (Tue.)

22世紀 ~夏の陣を秋に~

お早うございます!

昨日は雨の中「長谷川画伯」とコラボセミナーでした。

参加して頂いた方々有難うございました!!

準備中~。

社会人/企業人セミナー=ビジネスオンリーのセミナー?

いやいや、一般社会で生きる知恵がふんだんに含まれています。

個々の悩みについても触れていますので、

学生、主婦等々の方々にも是非お越し頂きたいと思っています。

私は一貫して・・・

1.早くから「自立」して「稼ぐ」意識を持ちなさい

2.平社員から企業トップに至る迄「人間であれ」、「真摯さを訴求せよ」

とお伝えしています。

 

かわって第二部は長谷川画伯の

「指で描く油絵」

でした。

左は画伯が手本として描いたサンプルの写し、右が私の模写です。

違い過ぎて笑える~。

サンプルには様々なテクニックをちりばめていますので、

チリチリバラバラな描き方をしていますが、

全体のイメージが植物で統一されています。

「個性を描く、その方法として何をどう使おうが囚われる必要はない。」

素人の私がサンプルを見て思った疑問、

1.  細い直線をどう表現するの?

2. 球の立体感はどうやって表現するの?

3. 細い平行に湾曲した線はどうやって描くの?

を全て実践して回答して頂けました。(答えは秘密です。)

流石の長谷川画伯。

「春陽会の会員」には複数回の入選等

相当高いハードルがあるそうです。

長谷川画伯は週末の数日のアトリエ引きこもり(笑)だけで、

その結果を出してしまった天才でもあります。

 

長谷川画伯ホームページ 「Art Gallery 長谷川 光一」

http://www13.plala.or.jp/gallerykoh/

 

終われば長谷川画伯は幼馴染みの

「長谷川君」。

彼とは一緒に学級新聞を創刊し、漫画を創ろうなどと

夢を語り合った仲・・・

ふと彼は漏らしました。

「村上も俺も常に何か追っかけとるなぁ~。

=クリエイトし続けとるなぁ~。」

いやその通り、今度は本でも出版しよまいか?

今なお共同作業を提案し合う信頼出来る旧友なのです。

次回をお楽しみに!

吹き出しで吹き出すコーナー。(笑)

 

Tommy の喜怒哀楽

http://shibuyaradio.tokyo/index.php/tommy/

 

2017.10.28. (Sat.)

22世紀 ~明日~

お早うございます!

明日は、
絵画セミナー「指で描いてみる」
ビジネスセミナー「これが教育だ!」
の二本立てで行います。

10月28日(土)10:00 ~ 15:00
於 : 名古屋情報センター8F会議室
参加費 : ¥7,500-

是非御参加下さい、お待ちしております!!

お申込み/お問合せ
http://tommymurakami.com/?page_id=652%2F
※ 「セミナー参加希望」とお書き添え下さい。

 

講師紹介
長谷川 光一画伯
http://www13.plala.or.jp/gallerykoh/

村上 利幸
ビジネスについても語っております。
http://shibuyaradio.tokyo/index.php/tommy/

2017.10.27. (Fri.)

22世紀 ~ 本日中日新聞朝刊 ~

お早うございます!
 
10月28日(土)10:00 ~ 15:00
於 : 名古屋情報センター8F会議室
参加費 : ¥7,500-
 
御案内フライヤー入っております。
是非御参加下さい、お待ちしております。
 
お申込み/お問合せ
http://tommymurakami.com/?page_id=652%2F
※ 「セミナー参加希望」とお書き添え下さい。
 
講師紹介
長谷川 光一画伯
 
村上 利幸
ビジネスについても語っております。
 
2017.10.16. (Mon.)

Bells Rock Vista Nagoya inc. PRESENTS オルタナティブセミナー ~2017夏の陣~

お早うございます!

超ハイレベルなセミナー、久々の開催です。

是非お誘い合わせの上お越し下さい!!

 

第一部

企業人/社会人向けビジネスセミナー

シビアな現実を知った上で夢を見出すところまで導く、
学生さんから従業員、管理職、ひいては一般社会人に至る迄
幅広く当日から直ぐに実践で使える授業です。

講師 : 株式会社Bells Rock Vista Nagoya 代表取締役
村上 利幸

第二部
アート体験セミナー

確かな技術の洋画家が、誰でも親しめるようかみ砕いて、
見慣れない、聞きなれない油絵の技法「指で描く」を指南します。
「油絵は難しい」、「お金がかかる」というイメージを
払拭してくれる体験型授業です。

講師 : 洋画家
春陽会(梅原龍三郎、岸田劉生、木村荘八等が所属)会員
2004年 中部春陽展中日賞受賞
長谷川 光一

 

日時 : 2017年10月28日(土)10:00 ~ 15:00

09:30 : 開場

10:00 : 第一部

12:00 : 休憩

13:00 : 第二部

15:00 : 講演終了

16:00 : 閉場

場所 : 愛知県名古屋市中区 名古屋情報センタービル8階

料金 : ¥7,500-(不安クラブ会員 : ¥7,000-)

お問合せ/お申し込み先 : 株式会社Bells Rock Vista Nagoya 担当 : 村上

お問合せ/お申し込みURL

http://tommymurakami.com/?page_id=652%2F

 

2017.09.19. (Tue.)

 

 

 

22世紀 ~チャレンジスピリッツよりトライアクション~

お早うございます!

起業後取り組んでおりました
日本プロテニス協会(JPTA)のプロコーチ試験
に合格しました。


独特の段取りを踏襲する必要のあるコーチングテストが
ギリギリラインであったので、
認定インストラクター
という資格取得になりますが、
打球テストに於いて、
P2 ランクであったことで、
自身のテニスプレーヤースキルが
プロフェッショナル2=概ねトーナメントプレーヤーレベル
であったことが確認出来てよかったと思っています。
昇格については少しずつ取り組んでいこうと思います。
私のテニススキルに疑問があった方の壁に、
少しでも風穴があく助けになればと御報告させて頂きます。
今後とも
Bells Rock Vista Nagoya inc. Tennis & Business Academy

へのお問合せ、お申込みをお待ちしております。

http://tommymurakami.com/?page_id=652%2F

 

また、教育関係機関の方々にもご提案をさせて頂きますのでご一読頂けたら幸いです。

 

お問合せ/お申し込みは・・・

お問合わせ(Questions)/お申し込み(Applications)/コンタクト(Contact)

で受付させて頂いております。

宜しくお願い申し上げます!

 

参照

セミナーズサイト

http://www.seminars.jp/s/321752

 

 

2017.07.2. (Thu.)

お一人のみですが ~ BRVNプレゼント企画 ~

下記日時所にて

池上彰教授講演会の招待状があります。

一枚のみ余裕がありますので、

最初にアプローチして頂いた方に無料で差し上げます。

※ メールの届き順となります。

 その他の方法ではお申し込み出来ません。

お申込み先 : gprjw577@gmail.com 村上宛

招待状は、

当日12:30頃 受付付近

にてお渡しします。

興味があり、お時間が許される方はご連絡下さい。

【記】

2017年07月08日 13:00 ~ 14:30

於 : 名城大学天白キャンパス

愛知県名古屋市天白区塩釜口1丁目501

【記以上】

株式会社Bells Rock Vista Nagoya

代表取締役 村上 利幸

 

※ この募集は終了致しました。

最初に御応募頂いたとある銀行の支店長代理様が当選となりました。

御応募頂いた方、有難うございました。

 

2017年06月25日 (Sun.)

お一人のみですが

下記日時所にて

池上彰教授講演会の招待状があります。
一枚のみ余裕がありますので、
最初にアプローチして頂いた方に無料で差し上げます。
※ メールの届き順となります。
その他の方法ではお申し込み出来ません。

お申込み先 : gprjw577@gmail.com 村上宛

招待状は、
当日12:30頃 受付付近
にてお渡しします。
興味があり、お時間が許される方はご連絡下さい。

【記】
2017年07月08日 13:00 ~ 14:30
於 : 名城大学天白キャンパス
愛知県名古屋市天白区塩釜口1丁目501
【記以上】

株式会社Bells Rock Vista Nagoya
代表取締役 村上利幸

22世紀 ~渋谷ラジオtokyo Tommy の喜怒哀楽 31th~

お早うございます!

前回の、

”喜びのコーナーベストセレクション Vol.1”

で30回目の節目を迎え、新たに今迄通りの再スタートとなりました。

http://shibuyaradio.tokyo/index.php/tommy/

 

少々企業人マインドの話をさせて頂きますが・・・

多くの企業様では毎月初日に、

(締日はそれぞれですが、概ね毎月末日かと思います。)

「本日から気持ちも新たに・・・」

などと上司からお話があるかと存じます。

企業様は締日で月内の支払い等も締めますので、

区切りとしてその月の収支を締日以後数日間の内に行います。

締日に近づくと営業に携わる方々は、

何とか少しでも売り上げに貢献した足跡を残そうと

眼の色を変えて躍起になっておられる事でしょう。

どんなに自信のある営業関係者であっても、

この締日翌日の朝礼で耳にするお決まり文句に

「萎えるわぁ~。」

と心から思うものです。

先ず踏まえておいて下さい。

”誰であれ、どんなにやり手であろうとも思うものだ”

ということを。

締日ぎりぎり迄頑張った方ほどこの御破算の念押しには、

”モチベーションが真っ逆さまに落下する感”

を痛感せずにいられないものです。

人によっては、

「最終日の売り上げ今月に回したかったなぁ~。」

とも思うのではないでしょうか?正直な気持ちでしょうね。

年月を重ね社内の方々とも何かにつけ融通がきくようになると、

エスカレートして本当に最終日の売り上げを御客様に御願いして

翌日契約したことにして貰うという事があるかもしれません。

他人だろうが自分だろうが、大きかろうが小さかろうが、

”欺く事”

は何かの破滅の始まりだという事を肝に銘じておいて下さい。

私はこれを例えて、

”1円=1億円”

と呼んでいます。

営業に携わる者(現場、管理双方の目線)から見て

最も許し難いのは、

”交渉中、未定、保留等の実態の無い書類を、

成約として計上し続けるカス営業マン”

です。また意外にも非常に多い事に驚きます。

こんな連中と比較されているようなら、

更に上長にあたる上司にはっきりと申し立てしましょう。

これが理由で自分の成果給が低くなる月など

ひと月とあってはなりません。

では正々堂々と売り上げ計上しながらも、

如何にしてモチベーションを維持するか?

それは、

”企業様と同じ目線で考える”

事です。

具体的には、

”1ヶ月スパンで与えられるノルマを、

自分の心の中でだけは1年スパンで積み上げる”

という事です。

いずれの企業様にも、繁忙期と閑散期があります。

繁忙期の売り上げには、「当たり前、大したことない。」と言い、

閑散期の売り上げには、「これでは(わが社は)潰れる!」と

檄を飛ばします。

これに毎月一喜一憂していてはメンタルがもちません。

自分にも繁忙期と閑散期があって良いのです。

またこうしたその時々の周囲の空気感に惑わされる方は、

おうおうにして目標の120%達成後60%に落ち込み、

そのスランプ期間が長くなるという傾向があります。

営業成績は ”成約出来る気がする”、というような

現在の見えざる環境や長期間の蓄積した経験等

”はっきりとは認識出来ない理由による自信”

謂わば

”根拠の無い自信”

が大きく影響するものだからです。

自信の根拠が認識出来ないので、

一度の未達成で根拠への自信が崩れ去り、

連鎖の結果として成績への自信を失う事になるのです。

この時、確固たる自信がつく迄と研修や勉強にいそしんでも

前に進む確率は非常に低いということはお忘れなく。

その発想の根幹が、”単なる逃避” だからです。が、

実際には企業様にとっては、企業様の成績表である決算期に

”誰がこの一年で最も売り上げに貢献したか”

が最大の関心事で、これを管理者としては重要視します。

まとめましょう。

先ず、マインド。(なので口にしちゃ駄目ですよ~。)

「なぬ、今月成績が悪い?何言っちゃってんの。

01月~今月迄トータルで俺〇番でしょ?

悪いけど12月にはトータル俺がダントツ1位だっつ~の、

見とけよおのれら~っ!」

※ 自分が何番でも本気で=自分をだましてでも

”No.1になる” と思わないと、

多分2番にもなれません。

全員が ”私こそ No.1 になる”

と信じ込む必要があります。

 

と心の奥ではほくそ笑みながら、

「申し訳ありません!

今月は気持ちを入れ替えて取り組みます!!」

と元気よく答えましょう。

 

次にそれを裏付ける自分に一歩でも近付くだけの努力です。

スランプは自分が一番よく分かりますので、

もがかず、焦らず、破綻せず、

上長や営業部長等に相談しましょ、そうしましょ。

※ 上司にも本気度や努力を認めて頂き易く、

安心感=信用を持って貰えます。

 

「〇〇さん、今悩んでます。

(例えば)

私とロープレを御願いします、営業トークを検証して下さい。

(例えば)

一日だけ営業同行させて下さい。

(例えば)

今日だけ電話対応とアンケート結果を全部読ませて下さい。」

等々、

”自分を切り替えさせてくれる環境整備を自分から申し出る”

事を心掛けて下さい。先の逃避マインドからではなく、

”これをやったらあれに活かせる筈だ”

という自信を以って。この積み重ねが、

”やれるだけのことはやった、

自分だけの確信だが自信がある”

と思える、相変わらずバイオリズムは必ずあれど、

”自信の根拠を少しずつ説明出来るようになっていく”

自身を確立していけるようになるのです。

※ ツボを心得た同僚は、

自分のツボを他人に簡単に教えたりしません。

この点について管理者は詳細を把握し、

管理者自ら営業マンを育てる

=自分のスキルを惜しみなく伝える

事はとても重要な企業様の財産管理業務です。

 

こんな事を手短に話しています。

是非お聴き下さい!!

http://shibuyaradio.tokyo/index.php/tommy/

 

2017.04.29. (Fri.)