22世紀 ~渋谷ラジオtokyo Tommy の喜怒哀楽 31th~

お早うございます!

前回の、

”喜びのコーナーベストセレクション Vol.1”

で30回目の節目を迎え、新たに今迄通りの再スタートとなりました。

http://shibuyaradio.tokyo/index.php/tommy/

 

少々企業人マインドの話をさせて頂きますが・・・

多くの企業様では毎月初日に、

(締日はそれぞれですが、概ね毎月末日かと思います。)

「本日から気持ちも新たに・・・」

などと上司からお話があるかと存じます。

企業様は締日で月内の支払い等も締めますので、

区切りとしてその月の収支を締日以後数日間の内に行います。

締日に近づくと営業に携わる方々は、

何とか少しでも売り上げに貢献した足跡を残そうと

眼の色を変えて躍起になっておられる事でしょう。

どんなに自信のある営業関係者であっても、

この締日翌日の朝礼で耳にするお決まり文句に

「萎えるわぁ~。」

と心から思うものです。

先ず踏まえておいて下さい。

”誰であれ、どんなにやり手であろうとも思うものだ”

ということを。

締日ぎりぎり迄頑張った方ほどこの御破算の念押しには、

”モチベーションが真っ逆さまに落下する感”

を痛感せずにいられないものです。

人によっては、

「最終日の売り上げ今月に回したかったなぁ~。」

とも思うのではないでしょうか?正直な気持ちでしょうね。

年月を重ね社内の方々とも何かにつけ融通がきくようになると、

エスカレートして本当に最終日の売り上げを御客様に御願いして

翌日契約したことにして貰うという事があるかもしれません。

他人だろうが自分だろうが、大きかろうが小さかろうが、

”欺く事”

は何かの破滅の始まりだという事を肝に銘じておいて下さい。

私はこれを例えて、

”1円=1億円”

と呼んでいます。

営業に携わる者(現場、管理双方の目線)から見て

最も許し難いのは、

”交渉中、未定、保留等の実態の無い書類を、

成約として計上し続けるカス営業マン”

です。また意外にも非常に多い事に驚きます。

こんな連中と比較されているようなら、

更に上長にあたる上司にはっきりと申し立てしましょう。

これが理由で自分の成果給が低くなる月など

ひと月とあってはなりません。

では正々堂々と売り上げ計上しながらも、

如何にしてモチベーションを維持するか?

それは、

”企業様と同じ目線で考える”

事です。

具体的には、

”1ヶ月スパンで与えられるノルマを、

自分の心の中でだけは1年スパンで積み上げる”

という事です。

いずれの企業様にも、繁忙期と閑散期があります。

繁忙期の売り上げには、「当たり前、大したことない。」と言い、

閑散期の売り上げには、「これでは(わが社は)潰れる!」と

檄を飛ばします。

これに毎月一喜一憂していてはメンタルがもちません。

自分にも繁忙期と閑散期があって良いのです。

またこうしたその時々の周囲の空気感に惑わされる方は、

おうおうにして目標の120%達成後60%に落ち込み、

そのスランプ期間が長くなるという傾向があります。

営業成績は ”成約出来る気がする”、というような

現在の見えざる環境や長期間の蓄積した経験等

”はっきりとは認識出来ない理由による自信”

謂わば

”根拠の無い自信”

が大きく影響するものだからです。

自信の根拠が認識出来ないので、

一度の未達成で根拠への自信が崩れ去り、

連鎖の結果として成績への自信を失う事になるのです。

この時、確固たる自信がつく迄と研修や勉強にいそしんでも

前に進む確率は非常に低いということはお忘れなく。

その発想の根幹が、”単なる逃避” だからです。が、

実際には企業様にとっては、企業様の成績表である決算期に

”誰がこの一年で最も売り上げに貢献したか”

が最大の関心事で、これを管理者としては重要視します。

まとめましょう。

先ず、マインド。(なので口にしちゃ駄目ですよ~。)

「なぬ、今月成績が悪い?何言っちゃってんの。

01月~今月迄トータルで俺〇番でしょ?

悪いけど12月にはトータル俺がダントツ1位だっつ~の、

見とけよおのれら~っ!」

※ 自分が何番でも本気で=自分をだましてでも

”No.1になる” と思わないと、

多分2番にもなれません。

全員が ”私こそ No.1 になる”

と信じ込む必要があります。

 

と心の奥ではほくそ笑みながら、

「申し訳ありません!

今月は気持ちを入れ替えて取り組みます!!」

と元気よく答えましょう。

 

次にそれを裏付ける自分に一歩でも近付くだけの努力です。

スランプは自分が一番よく分かりますので、

もがかず、焦らず、破綻せず、

上長や営業部長等に相談しましょ、そうしましょ。

※ 上司にも本気度や努力を認めて頂き易く、

安心感=信用を持って貰えます。

 

「〇〇さん、今悩んでます。

(例えば)

私とロープレを御願いします、営業トークを検証して下さい。

(例えば)

一日だけ営業同行させて下さい。

(例えば)

今日だけ電話対応とアンケート結果を全部読ませて下さい。」

等々、

”自分を切り替えさせてくれる環境整備を自分から申し出る”

事を心掛けて下さい。先の逃避マインドからではなく、

”これをやったらあれに活かせる筈だ”

という自信を以って。この積み重ねが、

”やれるだけのことはやった、

自分だけの確信だが自信がある”

と思える、相変わらずバイオリズムは必ずあれど、

”自信の根拠を少しずつ説明出来るようになっていく”

自身を確立していけるようになるのです。

※ ツボを心得た同僚は、

自分のツボを他人に簡単に教えたりしません。

この点について管理者は詳細を把握し、

管理者自ら営業マンを育てる

=自分のスキルを惜しみなく伝える

事はとても重要な企業様の財産管理業務です。

 

こんな事を手短に話しています。

是非お聴き下さい!!

http://shibuyaradio.tokyo/index.php/tommy/

 

2017.04.29. (Fri.)

22世紀 ~ホンマルラジオ DAICHIさんとのひと時~

お早うございます!

メディア関係の繋がりが東京中心で、

”名古屋の方と知り合いたいなぁ~”

と思っていたら、

”ホンマル(本気丸出しの略らしい)ラジオ”

のディレクター兼パーソナリティの伊藤様(DAICHIさん)

と繋がることが出来ました。

何かと共通の価値観を語り合えて充実した数時間でした。

DAICHIさんは若くてバリバリ・・・というよりも、

自らの経験から

”全ての人の生き様を尊重する”

に辿り着いた苦労人。

現代の価値観ではまだまだ偏見や異端の標的にされるような生き方にも

積極的にスポットを当てて人権獲得に寄与しようとされています。

名城大学の後輩でもあり、親近感があります。

DAICHIさん、有難うございました!

今後とも宜しく御願い申し上げますぅ~。

http://honmaru-radio.com/

 

近々、

渋谷ラジオtokyoのパーソナリティ、

http://shibuyaradio.tokyo/

シンガー&ソングライターとして、また、

セミナーやテニスツアー等の企画者としてゲスト出演の予定です。

当日は宜しく御願い申し上げます~。す~~っ。

ZZZ・・・

 

2017.04.19. (Wed.)

渋谷ラジオtokyo 26th

お早うございます!

アップされましたぁ~!!

 

 

【Tommy の喜怒哀楽】

http://shibuyaradio.tokyo/index.php/tommy/

今回は・・・

”インディアン嘘つかない” は

「誠実に暮らしてきた、迫害されるような事はしなかった筈だ。」って事

おもてなしにうらはなし

愛音家の源流ツアー

の3本です、んぐっとっと。

是非お聴き下さい!!

 

【御案内】

株式会社Bells Rock Vista Nagoaでは・・・

企業人/社会人向けセミナーを承っております。

是非一度お試し下さいませ。

~ 現場で本当に必要な管理能力をお伝えします!~

 

http://hp.nagoya-cci.or.jp/Alternative-Seminar/

(名古屋商工会議所登録 No. 1157434)

 

2017.02.15. (Wed.)

 

株式会社Bells Rock Vista Nagoya or Bells Rock Vista Nagoya inc.

2017年01月10日

設立しました!

今後とも宜しく御願い申し上げます!!

株式会社Bells Rock Vista Nagoya (Bells Rock Vista Nagoya inc.)

法人番号 : 1800-01-126229

所在地     : 名古屋市

資本金     : ¥5,000,000-

企業紹介 : https://www.youtube.com/watch?v=fln02dh2dOg

所属         : 名古屋商工会議所 (No.1157434)

SWAN SONG INC. (アーティスト名 : “TOMMY” MURAKAMI)

関連企業様

渋谷ラジオtokyo

web site 約80社

http://blog.livedoor.jp/van_tommy_halen-ohmr/archives/6945978.html

 

Alternative Seminar(企業人/社会人向けセミナー)

http://hp.nagoya-cci.or.jp/Alternative-Seminar/

 

swan song inc.
http://www.swansong.co.jp/index.html#index–works
1st single カイロウドウケツ
http://www.swansong.co.jp/demo/tm.mp3
2nd single 小さき者から小さい者達への讃歌
http://www.swansong.co.jp/demo/tm2.mp3

 

渋谷ラジオtokyo
https://www.youtube.com/watch?v=XMIbwEe0oXI

 

※ ググってチュブってリンクって頂くと目的のサイトに辿り着きます。

ロスト(迷)ったらサフって下さい。

もはやどんなフレーズがどんな意味を指すか不明・・・

 

コラボオファー/お問い合せ

お問合わせ/お申し込み

 

2017.01.吉日

22世紀 ~仲間が出来ました!~

お早うございます!

御報告です。

Bells Rock Vista Nagoya を応援してくれる仲間が増えました!!

とても素敵な方です。

BRVN のイメージレディーとして、

モデル、事務処理等を担当して下さる

AYumi

です、宜しく御願い申し上げます!!!

私は長い長い企業人経験から、

”先ず人ありき”

という選考基準のみで決めました。

これ迄プロの被写体としての経験は皆無ですが、

その道にいかなかっただけで、

オファーは相当あった事が分かっておりますので素材としては申し分無し、

堅い御家柄で育ち、企業人として揉まれてきた苦労人です。

身体から自然に発する

”裏切らないオーラ”

が決め手となり採用させて頂きました。

正直この根本マインド以外は不要とさえ思っています。が、

なかなかこれを持ち合わせている方が少ないのも事実です。

今後は環境を整えていき、こうした世界に慣れていく事で、

プロ意識も培われていくでしょう。

皆様に可愛がられるアーティストを目指します、

宜しく御願い申し上げます!!!!

2016.04.26. (Tue.)

22世紀 ~誰でも出来る?サービス業再考~

お早うございます!

先ずは接客/営業の参考にして下さい。

先日、渋谷ラジオtokyo 社長の尾川太郎様(DJポン太)にお会いしました。

名古屋出張の折にわざわざ声を掛けて下さいました。

さてお立会い!

どう会いましょか?皆様ならどうされますか?

時間通り待ち合わせ場所に行けばOK?

間違いではないですね。

でも、登場した尾川様の手には・・・

尾川様お勧めの東京の店舗のバームクーヘンが。

「私のお勧めですので食べて下さい。」

と丁寧にプレゼントして下さいました。

何も持たずに行ったら・・・気まずい思いをしながら、

「有難うございますぅ~。手ぶらで申し訳ありません。」

で、後で

”しょうがないか、それで嫌われたら。

 あそこで何か持っていくなんて普通考えないし。

 そこ迄考えるなんて気遣い疲れちゃうし・・・”

と無理矢理御自身を正当化しながらバームクーヘンを食べ、

後で御礼を言って何かを心付けする、がせいぜいですね?

ビジネス上の、

”人と会う時”

は、必ず当日をシュミレーションした方が良いですね。

相手の方は御客様?目上の方?お友達?連れ?

どう現れるのか?

何を言われるか?

御自身はもてなす側か?もてなされる側か?

何名で来るのか?

何より先に述べた、

”接客には数段階のスキルが要る”

を理解しているか・・・

総じて肩書きが高いにもかかわらず、腰が低い方は

”相当世の中に揉まれ、その怖さを御存じの方”

と判断するべきです。所謂、

”なめてはいけない方”

という事です。

私の中で尾川様はこれに該当したので、

最上スキルを以って対応させて頂きました。

名古屋では知名度の高い ”シェ・シバタ” のお菓子を持参し、

自分としては事無きを得た、という評価です。

これもまた先に述べましたが、読みが当たったからといって

”評価が上がる訳ではなく、下がらなかった”

と考えるのが正しいです。

これと引き換えに次回の何らかの落ち度が相殺される訳ではなく、

やはり毎度減点されないよう細心の注意を払う必要があります。

”接客が好きだから”、

”人と話すのが得意だから”、

等でサービス業を手軽に選ぶ方が余りに多いと感じます。

今一度御自身のスキルを振り返り、

”足りないところは無いか?”

を常にチェックし続けるストイックさの積み重ねこそ

”サービススタッフの真摯な姿、いや、あるべき姿”

であるとお伝えしておきます。

フレンドリーな会話しか出来ない方が、

安易にサービス業を選択するべきではない、ともお伝えしておきます。

2016.02.10. (Wed.)

 

 

22世紀 ~詩人の勧め~

あれっ、


あれっ、あれれっ!?


また行っちゃった・・・
ねぇ君もさぁ、
僕の事忘れちゃったかい?

いや、覚えてるよ、雪だるま君。
小さい頃はね、
この時期毎日雪が降ったから。

よかったぁ〜、
僕随分不細工じゃない?

う〜ん、そうだなぁ、
私は毎日君を作っていたから、
男前にお化粧出来たけど、
今は一年に一度かせいぜい二度だろ?
上手に出来ないのも仕方ないかな?

そっかぁ〜、
僕って冷たいのかなぁ?
だから皆んなに嫌われてるのかなぁ?

フッ、どうしたんだい?
私と遊んだ頃はあんなに
自信に満ち溢れて堂々としていた君が。

だって〜・・・

こうして君と話してる私は
凄く温かい気持ちになるよ。
少なくとも君は
私を幸せにしてくれてるよ。

本当?有難う!
また会いに来てくれる?

うん、私もすっかり忘れてた。
外が寒いからって部屋に籠ってちゃ、
君達と出会う事も出来ないって事。
今度雪が降ったら必ず、
あの頃のような男前で堂々とした君を作ろう。

有難う、会えるのを楽しみにしてるよ!

私も楽しみにしてるよ、今日は有難う。

私達はどこへ向かおうとしているのかな?
トイレ付きのベッド、
その周りに家の中全てが
コントロール出来るリモコン、
天井に設置されたモニターに向かって、
”今日は私に100万円入るよう
売り上げてこい!”
朝夕も寒暖も感じない、
常春(とこはる)の部屋で
悪戯(いたずら)に日々を消化する。

確かに便利。でも憧れる?

義父が逝去間際、
呼吸困難の中口にした
「お母さんに会いたいよぉ、
脚で歩きたいよぉ。」
が胸を刺す。

画家の長谷川君も、
幼き頃、行き場のないストレスから
自身を救ってくれた
”絵” への感謝の念を忘れる事なく、
決して裏切らず、
自分の手で、
日々怠らず書き続けている。

時に便利、不便を問わず、
自分を甘えさせない教えや
もの言わぬ物に自分を投影し、
自分の本心と対話する中で、
自己の完成像から教えられることがある。

二回目のラジオ番組の編集が終わった。
そんな彼の生き様が感じられる筈。
是非皆さんにも聴いて欲しいと思う。

渋谷ラジオtokyo ~”TOMMY” MURAKAMI の!喜怒哀楽!!

※ きっと誰しも自問自答する時があり、

  心の機微に触れる言葉に人知れず涙している詩人ではないかと思っています。

  対外的にはギスギスしている社会であっても、

  こんなセンチメンタリズムを無くしてしまった人は殆どいない、と信じたいですね。

 

2016.01.21. (Thu.)

日本のPDCSA ~結婚観への考察/時に非常識への挑戦~ より ”序文”

お早うございます!

本年は様々な飛躍を引き寄せるべく

動いて参る所存です。

変わらぬ御愛顧賜わりますよう御願い申し上げます。

また、皆様にとってもベストの年となりますよう

心よりお祈り申し上げます。

年末がイベントで年始がイベントで、

とそれぞれのイベントに対して何らかの商活動が絡みます。

常々思って参りましたが、

もはや世界は横並びの経済活動では立ち行かない事、

日本は四季折々の変化が売りの国である事、

日本が観光立国を目指す事、

を加味して更に下記のような提案を国家へするものであります。

”各企業毎に長期休暇を定める。

  A型企業 : 春休暇型企業/B型企業 : 夏休暇型企業

  C型企業 : 秋休暇型企業/D型企業 : 冬休暇型企業

の4タイプ。

家族の団らんを尊重する為の義務教育への介入も必要でしょう。

04月スタートか09月スタートかとは別に、

夏休み、冬休み、以外で長期休暇申請が出来、

その分を夏休みや冬休みに補習期間を定め、そこで穴埋めする。”

シルバー/ゴールデン等画一的な称号は廃止し、

”スプリングバケーション/サマーバケーション

 オータムバケーション/ウィンターバケーション”

とどれも同等な価値ある季節である事を謳い、

どの季節も日本人にとって自慢のシーズンであり、

各々の魅力を充分に引き出す地域がある事、

こそ観光立国の目指すべき国家プロジェクトであると思います。

また、日本人自ら冬を敬遠する事が、

冬に特化した観光資源開発や観光向け施設の導入を遠ざけており、

一律な長期休暇に日本全土が集中する事が、

”出不精”

を誘発し、一般企業に於ける

”売り損じ”

を生じていると感じています。

学園祭等、身近にも重なり過ぎて参加出来ないイベントがありますし、

決算も、日本が経済統計を12月31日時点で集計すれば良い事で、

各企業が一律同日に提出する必要は無いと思います。

税理士の一時的な負担や一時のみの人手不足も解消出来るでしょう。

現在、日本の気候は

春(を感じられる時期) : 03月(下旬)~06月(中旬)

雨季           : 06月(中旬)~07月(中旬)

夏(を感じられる時期) : 07月(下旬)~09月(末)

秋(を感じられる時期) : 10月(初旬)~11月(末)

冬(を感じられる時期) : 12月(初旬)~03月(中旬)

と、以前の03~05月、06月~08月、09月~11月、12月~02月、

からは実態が随分ずれてきており、

激季(夏と冬)が長く、

心地良いとされる春と秋が短く感じられるようになりました。

04月初旬の入学式に桜が咲いていない、

という年もあるくらいです。

旅行業者をはじめ、あらゆる商活動に於いて、

年間を通じた同等の魅力、そのイメージ付け、

それに見合う休暇のバリエーション、

そこにニッチな産業開発のチャンスが埋もれていると思います。

 

※ 続きの ”おもろい国日本、への提言” はメルマガにて。

 

2016.01.16.(Sat.)

22世紀 〜イメージは具現化=実現 する?〜

お早うございます!

今年〜来年の私の目標は、

”起業”

です。段取りは分かっておりますが、

容易ではありません。何が?ズバリ

”覚悟”

です。尊敬する TEAR 社長 冨安氏 の御言葉を

お借りするならば、

”税金(この場合は ”法人税” の事です。)が

払えるようになる迄は、罪悪感がある”

という事です。”社長” という響きはカッコイイですが、

実のところ社会、ひいては日本にとって ”お荷物” でしかないなら、

起業すべきではないと思います。

”売れるか売れないか判らない”

は正論ですが、これを本当に心の中で思っているなら

”勝算はほぼ無い”

と思っています。失敗は、

”絶対成功する”

と思っている沢山の方々の中からも多数出ているのが実状だと思います。

私はミュージシャンでもある訳ですが、パフォーマンスの練習に於いて

何度かに一回成功するギターソロが本番で成功する可能性は、

”120%無い!”

のと同じだと思っています。

自信が確信に変わった時こそ起業のタイミングだと思います。

それを逃したら当分、若しくは生涯無いかもしれません。

幸い、人と接する機会が非常に増え、今後ブレインやパートナー、

コラボ相手、中には後見人候補?(笑)となって頂けそうな方々と

次々にお会い出来る機会を頂いており、非常に良い流れを感じます。

 

本日 渋谷ラジオtokyio の私のラジオ番組がスタートしました。

”TOMMY” MURAKAMI の!喜怒哀楽!! From 渋谷ラジオtokyo

 

DJ を初めて試みたのは20歳の頃。

その後音楽、芸能プロダクションで滑舌や演技、社会人・企業人経験を

積み続けて、今回のテイクでは8トラックのレコーダーに、

コーナー別に分けて、やり直しながら録ってやっと出来上がるレベルでした。

”生放送のパーソナリティのレベルの高さ” を思い知りました。

30年かかって一つの夢を達成した訳です。私個人の経験だけで述べるならば、

私の場合、(という前置きした上で、)

断片的なアドバイスが多過ぎるように思います。

 

夢は実現します。いや、夢に描いた事しか実現出来ないでしょう。

でもその為には、継続的にその世界に関わる環境に身を置き、

いつ叶うか判らない状態でたゆまぬ学習・練習が必要です。

(昨今の ”ワンクリックで100万円” という触れ込みで売る

ネットビジネスでさえ上記は必要です。くれぐれも、

 ”ワンクリックで 100万円・・・払う” などという事が無いようお気を付け下さい。)

その為には、その事が大好きであるか、惚れこまなければ続かないでしょう。

これらが、

夢は叶う!

才能より努力!

仕事は好きな事を選べ!

等々の一要素だけを切り取って一言で言い切られてしまうところに、

実現出来ない理由があります。どれも割愛出来ない要素ですので、

”一瞬(極端な短期間で)人生の成功を勝ち取る事は出来ない!”

(10000人に一人の例外を模倣しない方が良いので除外します。)

とお伝えしておきます。

”ネットビジネス”

”セミナー”

の言葉の響きが悪過ぎて、聞く耳を持たない方も多々みえるでしょうが、

実例として地道に、そして確実に稼ぐ方法のビジネスモデルや、

非常に勉強になるセミナーも数多くあります。

御自身で判断が出来ない時は、身近な方に訊いても良いでしょう。

選択肢を間違えないのはとても大事ですが、

時代の流れに乗る事を拒んでいると、チャンスは通り過ぎてしまいます。

どこかで自分から掴みにいく機会を創らなくては、

企業人/起業家 のどちらとも成功する事が出来ないのも事実です。

 

2016.01.08. (Fri.)