22世紀 〜イメージは具現化=実現 する?〜

お早うございます!

今年〜来年の私の目標は、

”起業”

です。段取りは分かっておりますが、

容易ではありません。何が?ズバリ

”覚悟”

です。尊敬する TEAR 社長 冨安氏 の御言葉を

お借りするならば、

”税金(この場合は ”法人税” の事です。)が

払えるようになる迄は、罪悪感がある”

という事です。”社長” という響きはカッコイイですが、

実のところ社会、ひいては日本にとって ”お荷物” でしかないなら、

起業すべきではないと思います。

”売れるか売れないか判らない”

は正論ですが、これを本当に心の中で思っているなら

”勝算はほぼ無い”

と思っています。失敗は、

”絶対成功する”

と思っている沢山の方々の中からも多数出ているのが実状だと思います。

私はミュージシャンでもある訳ですが、パフォーマンスの練習に於いて

何度かに一回成功するギターソロが本番で成功する可能性は、

”120%無い!”

のと同じだと思っています。

自信が確信に変わった時こそ起業のタイミングだと思います。

それを逃したら当分、若しくは生涯無いかもしれません。

幸い、人と接する機会が非常に増え、今後ブレインやパートナー、

コラボ相手、中には後見人候補?(笑)となって頂けそうな方々と

次々にお会い出来る機会を頂いており、非常に良い流れを感じます。

 

本日 渋谷ラジオtokyio の私のラジオ番組がスタートしました。

”TOMMY” MURAKAMI の!喜怒哀楽!! From 渋谷ラジオtokyo

 

DJ を初めて試みたのは20歳の頃。

その後音楽、芸能プロダクションで滑舌や演技、社会人・企業人経験を

積み続けて、今回のテイクでは8トラックのレコーダーに、

コーナー別に分けて、やり直しながら録ってやっと出来上がるレベルでした。

”生放送のパーソナリティのレベルの高さ” を思い知りました。

30年かかって一つの夢を達成した訳です。私個人の経験だけで述べるならば、

私の場合、(という前置きした上で、)

断片的なアドバイスが多過ぎるように思います。

 

夢は実現します。いや、夢に描いた事しか実現出来ないでしょう。

でもその為には、継続的にその世界に関わる環境に身を置き、

いつ叶うか判らない状態でたゆまぬ学習・練習が必要です。

(昨今の ”ワンクリックで100万円” という触れ込みで売る

ネットビジネスでさえ上記は必要です。くれぐれも、

 ”ワンクリックで 100万円・・・払う” などという事が無いようお気を付け下さい。)

その為には、その事が大好きであるか、惚れこまなければ続かないでしょう。

これらが、

夢は叶う!

才能より努力!

仕事は好きな事を選べ!

等々の一要素だけを切り取って一言で言い切られてしまうところに、

実現出来ない理由があります。どれも割愛出来ない要素ですので、

”一瞬(極端な短期間で)人生の成功を勝ち取る事は出来ない!”

(10000人に一人の例外を模倣しない方が良いので除外します。)

とお伝えしておきます。

”ネットビジネス”

”セミナー”

の言葉の響きが悪過ぎて、聞く耳を持たない方も多々みえるでしょうが、

実例として地道に、そして確実に稼ぐ方法のビジネスモデルや、

非常に勉強になるセミナーも数多くあります。

御自身で判断が出来ない時は、身近な方に訊いても良いでしょう。

選択肢を間違えないのはとても大事ですが、

時代の流れに乗る事を拒んでいると、チャンスは通り過ぎてしまいます。

どこかで自分から掴みにいく機会を創らなくては、

企業人/起業家 のどちらとも成功する事が出来ないのも事実です。

 

2016.01.08. (Fri.)

22世紀 ~新年の御挨拶~

明けましておめでとうございます!

2016年が幕を開けました。

皆様はどんな抱負をお持ちでしょうか?

というか、私のブログをお読み頂く以上は、

何らかの目標=着地点 を設定して下さいね。

2016年12月31日にはどんな自分になっているか?

と自分に期待するのではなく、

”こんな自分になる!”

というスキルアップ、人としての成長を根幹に、

企業内若しくは社会との関わりに於ける立ち位置(肩書き)を決め、

それに向けての3ヶ月スパンのスケジュール、

更に月毎のスケジュールを組んでおきます。

遅くとも2週間以内、が必須課題ですね。

 

殊に管理職の方々に申し上げたいのは、

御自身の武勇伝は取り敢えず傍らに置いておいて、

”今どきの部下から如何にストレスを軽減して潜在力を引き出せるか”

に注視して下さい。これからの管理職の必須命題になると思います。

全国レベルの部活(体育会)や、死と隣り合わせの消防士レベルの

肉体的、精神的負荷を経済活動には持ち込まないようにし、

”これからの日本の宝”

として自発的な積極性を育てる、育む、培う、養う・・・

いささか甘ちゃんに感じるかもしれませんが、それが現代、

そしてこれからの世界に於ける経済活動の縛り=ルールに

なっていくと思われます。

さて、その代わりに新入従業員は、しっかりとした躾(しつけ)を

入社日迄に身につけておかねばなりません。

18歳(15歳)~22歳迄に、身に付けておかねばならない

”礼節/マナー等”

については親御さんの責任に於いて学習済み、

を約束して頂かねばなりません。

これらを放置して学校教育や企業内教育に託すのは

”無責任!”

これから問われる、いや日本が問うべきは、

学校や企業ではなく、真っ新(まっさら)で無垢な子供達を

どんな状態で社会の潮流に放流するか?

という ”親の教育” だ、と言い切る事だと断言します。

自由/権利/尊厳、全ては新入従業員だけにではなく、

同じように先輩や管理職の方々にも与えられている事を

必ず踏まえて言動して下さい。

互いが尊重し合い、全社会人の惜しみない尽力により、

地道、時に飛躍的な成果を出す日本社会/経済に期待します。

私もまたそれに微力ながら貢献出来る道を摸索して参ります。

”株式会社 日本国は、国民一人一人の成果達成の集結を以って

  初めて発展出来る世界の中の弱小企業だ”

という事をイメージし、心から応援して参りましょう!!

 

2016.01. 元旦

22世紀 ~プチ紳士淑女が世界を救う~

お早うございます!

渋谷へ一日で往復して参りました。

報告は企画書が通ってからにさせて頂きますが、

お会いした方との待ち合わせ時間、

入れ替わりで帰られた方々は、同じ名古屋から来られた

韓国のタレントさんでした。

これだけのヒントでは絶対に当たらないと思いますが、

撮影禁止等いろいろと制約がありますので御容赦下さい。

 

さて、新宿ドトールでコーヒーブレイク中、

隣の方が

「火を貸して頂けますか?」と。

簡易ライターと試供品のラークトロピカルメンソールを差し上げました。

互いに ”良い一日を” と別れました。

”また会えるかも?” の期待も享受出来ます。

 

プチコミュニケーションは、何か心地良いあと味があります。

知らん顔、というよりは、

話す、話し掛ける勇気がないだけの場合が多いのではないでしょうか?

”どっちでも良かったんだけど、

 あの時話し掛ければ、

 シカトしなきゃ、良かったのに・・・”

 

座席を譲る事をためらうのも、”本当は良い人なのに” 誤解されてしまいますね?

どう思われようと心底気にしない人は

問題無いですが、結構後悔される方が多いと思ってます。

”少しでも人の役に立ちたい”

と願う方が多い、という証明だと思っています。

 

”私はプチ紳士淑女”

 

日々自分に言い聞かせ、

カッコつけてると思われはしないか?

と周囲の目を気にしてしまううちはまだまだ。

ごく当たり前に、自然に出来るようになると人生の幅も拡がりますよ。

 

”我が街のプチ紳士淑女”

 

目指してみて下さい!

一つだけ残念だったのは、

相手が男性だった事ですかね・・・(笑)

 

清々しくなる楽曲とコメントを・・・
Brilliant World ~The Yellow monkey~

※ 削除されたようですが、
  この楽曲の youtube でのやりとり
A : 光年は時間じゃなくて距離なんだよな
B : 好きな人といられるなら
      時間でも距離でもいいじゃない・・・

 

2015.12.04. (Fri.) 

葬儀界再考 ~切磋琢磨し逞(たくま)しく~

お早うございます!

再度新着情報を添えて

”私が TEAR様 を推す理由”

をお伝えさせて頂きます。

是非御確認下さい。☟ 

TEAR様の企業スピリッツが、業界の健全化に貢献します。

 

冨安社長は熱く語ります。

「協力会社様!

ただ乗っかってれば事業拡大と共に

売上が上がっていくとは思わないで下さいね。

TEAR は、消費者のニーズに合わせて変わっていきますよ!

私達は日々

”こうすればもっと消費者が喜んでくれるのでは?

こうすればもっと御客様が感動して頂けるのでは?”

を追求し提案し続けています。

”頼んだものを届ける。”

勿論です。その上はありませんか?

その道のスペシャリストとして、

TEARの御客様にもっと喜んで頂く為の提案はありませんか?

それがあっての ”協力会社” の筈です!」

 

”病院指定業者による不法な営業”

については、先のブログで資料提示させて頂きました。

冨安社長はこれを頑なに拒絶されてきております。

TEAR様のリスクは、

”支えて頂く先が、一人一人の顧客しか無い”

という事です。つまり行き着くところ、

”TEAR 様(のスピリッツ)を消費者が敬遠する事は、

  結果的に消費者自身の首を絞める”

と言っても過言ではないと思っています。

チープなものを格安にたたき売りしているのではありません。

御満足頂くに、事前に明示した必要な商品だけを、

感動頂くに、ダントツNo.1のサービスを目指す人間力を、

適正な価格で提供しておられるのです。

先ずは東海地区に続いて関東地区を目指されるそうですが、

冨安社長は最終的に全国を網羅する事が、

業界の健全化達成に繋がると考えておられますので、

私個人としては、

全国の地域市民レベルの方々が、

まとまってTEAR様を招致される事をお勧めします。

 

私はブライダルにも携わった事があり、以前、

非常に熱い業界である事は触れさせて頂きました。

私の知る限り、昨今のブライダル業者で、後付けで

葬儀業を始める企業及び個人はいらっしゃいません。

理由は簡単。それは、とてもそんな

”片手間な事をしていて他社及び他人に勝てる状況ではないから”

です。企業様、個人様に関わらず、

もの凄い提案力/人間力をもって一軒一軒のブライダルを

世界中でオンリーワンのイベントに仕上げています。

この点、冨安社長も共通します。

今この段階で既に相当な異業種からのコラボオファーがあるそうですが、

今のところ他業種に触手を伸ばす予定は全く無いそうです。

恐らく、

”一人一人の御客様に支えられ、全国でダントツに支持される葬儀社になる”

という目標を持っておられるからでしょう。

 

東証一部というとてつもなく高いハードルを敢えて取得する意味。

それは、

”消費者の為”

です。ガラス張りにする収支に嘘も隠し事もありませんし出来ません。

また、社長がルールを遵守しようと自らを律し戒める人間性である、

という事も大きな要因かもしれません。

TOYOTA 様が5年間売買出来ない株式を発売しましたが、

元本保証という条件に関係無く、

”永く応援したい企業(スピリッツ)に投資する”

のが本来の株式取得の健全な動機です。

 

”一人一人の御客様に支えられ、全国でダントツに支持される企業”

この目標を、

”消費者の為”

に立ち上げたTEAR様の起業スピリッツが、

達成される事を望んで止みません。

 

2015.12.02. (wed.)

 

 

 

 

2nd.single レコーディング終了!

お早うございます!

やっと2nd.single のレコーディングが終了しましたぁ〜!

長かったぁ〜。

”自分で作詞/作曲した楽曲に対して人から指示を受ける”

というのは初体験で不思議な感覚でした。

次はジャケットの作成に入ります。

レーベルサイドは、

”マスターリング”

という作業に入ります。

 

終了後名古屋には無いファミレス、

”ジョナサン”

で軽食。

締めは一人打ち上げで

”新宿 HOOTERS”

にてコーラゼロを飲みました!(笑)

達成感の内に facebookフレンド の

”ボギーさん”

と、コラボ話に花が咲きました!

私とは違うアプローチで同じ頂きを目指しておられ、

大変勉強になりました、有難うございました!

 

”ボギー氏のスペシャリティー”

コミュニケーションをベースにした、

【命と触れ合うコミュニケーションの極意】

【あの人と一瞬で仲良くなれるコミュニケーションの極意】

【夫婦・親子関係の改善究極のコミュニケーションセミナー】

というタイトルでこれ迄にセミナーを開催されているそうです。

 

コラボ出来そうな方は是非アプローチを。

コラボのお問い合わせ/お申し出はこちらからどうぞ

 

応援して下さる方々、これからも暖かく見守って下さいませ。

 

2015.11.25. (Wed.)

キャンペーン開始しましたぁ~っ!

《TEAR 様応援特典》

 

【特典内容】

本日~2015年12月13日の間、

緑区・天白区にお住いの方々へのキャンペーンを開始します!

Bells Rock Vista Nagoya 経由で

TEAR 会員への御入会で2時間スクール代金¥8,000- が無料

=TEAR 会員への御入会でテニススクール2時間がタダ!!

という応援キャンペーンです。お見逃しなく!!!

 

【条件】

TEAR 様会員に御家族全員が入っていない

=新規御入会世帯の方が対象となります。

(他企業様に御入会されている方でも御入会頂けます。)

御一人1口¥7,000-(御葬儀のみ用)又は

御一人2口¥5,000×2=¥10,000-(御葬儀用+法要用)

のどちらかからお選び下さい。

※ ”2口以上同時入会¥10,000-” の機会は、

  世帯内初めの一回きりです。

  御入会時の口数を事前に打ち合わせておいて下さい。

 

【開催条件】

4名様以上10名様迄で御願い申し上げます。

一日2組迄です、お急ぎ下さい!

アップスキルしたいポイントは御指定頂けます。

(練習メニューはお任せ頂きます。)

テニスコート、ボールの御準備を御願い申し上げます。

服装、シューズ、ラケット、タオル、ドリンクは

各自で御用意下さい。

日程は調整の上、決定させて頂きます。

 

お申し込みは・・・☟

キャンペーンテニススクールお申込みページ

 

《本番で使えるテニススキール》

 

【前置き】

私は以前述べましたが、ボレープレーヤーでした。

変な言い方ですが、”前衛愛好家” です。

ボレー対ストロークこそテニスの醍醐味だと今でも思います。

師匠の水野明栄(”あきよし” と読みます)プロが、

前衛プレーヤーだったのも相まって、

前衛でのプレーへの愛着は更に深まりました。

”練習の為の練習はしない=本番で使えない練習はしない”

がポリシーですので、定番ではないかもしれませんが、

実際に試合で使いたい方には参考になると思います。

一般的に、皆さんの考えておられるテニス像は、

”バックハンドが弱い、前へ出てロブ(ロビング)上がったらどうしよう”

みたいなイメージではないでしょうか?このイメージの間違いは、

”バックハンドストロークは難しい” と思い込んでいる事です。

”バックハンドストロークは、

  ロジック上フォアハンドストロークよりシンプル=簡単”

です。

”多く使う技術がより上達します” 

ので、バックハンドストロークを使っていないだけです。

使わないつもりであれば、そこそこの練習にすべきですが、

練習量の少ない技術は、

”苦手意識が邪魔どころか増幅して、

  本番では普段以上のミスを引き起こします。”

克服したいと思うなら、より多く練習しなければなりません。

例えば、

”球出しは、フォアハンドで出すもの”

とは決まっていません。バックハンドをスキルアップしたいなら、

先ず球出しをバックハンドにしてみましょう。

ワンバウンドさせると簡単に出せます。

(慣れるとノーバウンドで出せます。)

再度申し上げますが、

”多く使う技術がより上達します” 

普段から上手くなりたい技術をより多く使って下さい。

今日はここまで。

 

2015.11.23. (Mon.)

22世紀 ~メディア情報発信~

お早うございます!

久し振りにメルマガは、”クレーム対応/処理いろは”

に戻ります。

総論的な解決に向けた根本的な心構えや組み立て方については、

既に述べさせて頂きました。以降各論的な具体例を綴っております。

ブログでは、少しやんわりした話をさせて頂きます。

営業について、現場での所属企業の売り込み、どれも

”自分売り”

である事はお話しさせて頂きました。最たるものの一つとして、

”芸能の世界”

が存在します。売れない下積み時代を背負いつつ、

徐々に名を馳せ、遂には売れっ子にのしあがる、

現代では数少ない ”サクセスストーリー” ですよね?

※ 推測ですが・・・という前置きで私の知る範囲の情報としては、

 

25年程前、”笑っていいとも” 全盛期のタモリ氏のギャランティー、

一本100万円。(25年前の物価でお考え下さい。)

 

生前の美空ひばり氏がテレビで歌うと、

一曲3,000万円。(但し×曲数という契約ではないようです。)

従って、歌わずにインタビューのみという場合が多々あったそうです。

 

20年前、身内のつて=コネクションを使って出演して頂いた

清水アキラ氏(当時既に若手の売れっ子という立ち位置でした。)が、

3ステージ(1ステージ30分)で90万円。

 

等が実(まこと)しやかに囁かれております。

(信じるか信じないかは・・・貴方次第です!)

私といえば・・・

全て落選ですが何度かテレビの出演オーディションを受けております。

 

一番記憶にあるのは、日本テレビで受けた、

”ものまねグランプリ”

でしょうか。オーディション会場に、

このスタイルで入っていきますと・・・

皆地味ぃ~な格好の方ばかり。オーディション時に着替えるのかと思えば全く。

見渡せば、殆どが

”爆笑オンエアバトル”

で見た面々ばかりでした。

ギター持ってミュージシャン候の方は皆無で浮いたのなんのって・・・(笑)

オーディション慣れしている方々と、

オーディションがやっとやっとの私との違い、

といった感じでしょうか。

プロ仕様のカメラを前にチーフディレクターのキューで歌い始めるのですが、

カラオケでガンガン歌っている空気間の中、

一人生演奏をちまちまとしている私の可哀想な事可哀想な事。(笑)

それでも新鮮だったのか、

ビートルズのヒア・カムズ・ザ・サン

歌だけ御希望の方は、06’53” ~

を私だけフルコーラス歌わせて頂きました。

”もしや変わりダネで合格?”

と期待しておりましたら、仲介関係者の方から、

「いやぁ、ちょっと色が違い過ぎたみたいで・・・申し訳ない。」

とやんわり不合格が伝えられました。案の定だったので、

何の抵抗も無く受け入れられました。

ハイ!

ここで一般社会と絡みますが、

”ニーズに合ったものでなければ、

 良い悪い以前の段階で選ばれません=土俵にすら上がれません”

よ~く覚えておきましょうね。私は控室に入った時、

お笑いの方々がズラ~と並んでいた瞬間に予想しましたし、

恐らくディレクターは、私が最初の音を鳴らした時点で

落選させていたと思います。

 

その他自分売りの方法として、知っておく価値のあるものは・・・

”テレビでもラジオでも、個人で番組枠を買う事が出来る”

という事でしょうか。

記憶にあるところでは、

某ラジオ放送局で、

”今は亡き美宝堂” がダイアモンドを売り込むコーナーがありました。

各放送局にも ”営業部” があって、

依頼すれば自分の番組を放送出来ます。

なかなか見積もり依頼自体が出来ないので、

相場を知らない方々が殆どなのではないかと思います。

勿論私も具体的な数字は明かせませんが、

”一般的に軽くアルバイト一ヶ月間働いた給料で、

  3分位の番組が持てる”

 というイメージです。(私観です。人によって大きく違うかもしれません。)

後は一般社会の企業間交渉と同じで、

”週一本、何ヶ月続けるなら〇〇円ディスカウント(又は一本無料)”

等が提示して頂けます。

今尚メディアに乗る事は絶大な(信用を伴う)広告効果がありますので、

インディーズで将来メジャーを目指すアーティスト様には、

結構考える余地のある有効な手段だと思います。

 

もう一つ。

1st. single を発売した時、名古屋の栄(名古屋の中心地且つ繁華街)に、

三井住友銀行があり、そのビルの大通りに面したコーナーに、

巨大なモニターがあります。常時何らかのCMを流しておりますので、

そこで自分の楽曲を流しながら宣伝しようかと思いました。

リサーチしましたら、1ヶ月で50万円位しますので私は断念しました。

継続的なCMよりも、短期的で大きなイベントに向いていると思います。

※ ふと ”渋谷109のモニター宣伝いくらなんだろ~?” と思ってしまいました。

 

更に、

メディア戦略の最先端は、御存知の通り

”SNS(ソーシャル ネットワーク サービス)”

ですが、既に相当開拓されており、

対メルアド登録者成約率は、0.5%~2.0%と、

10,000単位のアクセス数からやっと商売に

なるレベルですので、

”個人で手軽に始めて生計を立てよう”

という心構えでは、到底達成出来ません。

 

如何でしょうか?

御自身に合ったメディア戦略は

ありましたでしょうか?

私は何でも試してみて、上手くいったものは

ブレインに公開したり、一緒にコラボして参ります。

私は稼ぎを自分で抱え込んだりしません。但し、壁も悩みも・・・ですが。

私に可能性を見出せた方は、今のうちにアプローチして下さいね。

一緒に切磋琢磨し、稼ぎ、遊び、人生を謳歌しましょう!

 

2015.11.18. (Wed.)

22世紀 ~イジメを解析する。そしていつか解決する! 改訂版~

お早うございます!

”イジメ根絶委員会” を自負する私です。

徒然に書きますが、

同じ思いの方が一人でも多くなる事が、

イジメ根絶に繋がる手始めだと思っています。

またその方向へと国全体が動いていく事を願って止みません。

 

昔、明石家さんま氏が、街中で男性グループにからまれ、

「おい、さんまだろ?ギャグやってみろ。」

と指図されたそうで。

プライベート故、

愛想よ良く断り続けたにも関わらずしつこくつきまとわれ、顛末は、

”蹴とばされながらも笑って誤魔化しその場を凌いだ”

のだそうです。涙が出ました。

 

数か月前、名古屋の有名人?

”ナナちゃん人形”

の横を真っすぐ南に向かって歩いておりました。

ギターを手に持っておりジグザグや素早く移動するのは困難な状況でした。

幸い20メートルもあろうかと思う歩道はガラガラで、

ゆっくりとそして真っすぐ進んでおりました。

すると、ビルの端に沿って自転車に乗り北向きに走っていた男性が、

突然不自然にコースを変え、私の歩く動線上に来たと思ったら、

スピードを緩めながら近づいて来て、私の5メートル程先で停車し、

横を向いて知らん顔=気付かない振り をしたのです。

 

以前、JR山手線新宿駅の中央辺りにある下りエスカレーターでの事。

狭いエスカレーターで、両サイドから人が押し寄せます。

私一人の時は最後部迄待ちますが、

この時は私の後ろに何十人も並んでおり、

反対サイドが全員通り過ぎる迄待つわけにはいかず、

先ず一人譲った後に自分が割り込みました。

すると反対サイドから私の後ろに入ったおじいさんが、

”チッ(舌打ち)”

とえらく大きな音で鳴らしました。

このパターンは、名古屋市の公共バス等の中でもよくある事例です。

音に反応して振り返る周囲の方には、

私がおじいさんに何か悪さしたかのように映るでしょう。

こうした謂れのない冤罪もまた小さからずストレスの原因となります。

 

通りすがりに丁度私の目前で、

敢えて違う方向に向けて=言い逃れの理由づくりをした上で

思いっきりツバを吐かれた事もあります。

トラブルになった時、こうした人達の決まり文句は、

”たまたま”。

 

私はこうした

”明らかな挑発行為

(一昔前は、こういうのを「喧嘩を売る」と呼んでいました。)”

に遭う度、さんま氏の話を思い出し手本として、

高ぶる心や震える手を抑えながらやり過ごしています。

 

自制心が強く我慢する方は、うつ病を発症し、自殺傾向に向かい易く、

自己表現豊かな方は、統合失調症(昔で言う分裂病)を発症し、

※ 統合失調症は、

  ”意味不明な事を言い出す” イメージかもしれませんが、

  ”手が付けられない程狂暴になる” 症状の方もみえます。

凶悪犯のレッテルを貼られる方向へと堕ちて行き易い事でしょう。

 

相当昔ですが・・・

奈良県警管轄下で、外国人による強盗が発生。

黒シールドで中が見えないよう改造された車両で逃走しました。

パトカーが袋のネズミ状態へと囲い込んだところ、

犯人は車をぶつけまくり、何とかこじ開けて逃げ出そうとしました。

警察官は銃を向け、運転を止め外へ出るよう勧告しましたが

全く聞き入れません。

中の状況が分からず、突然発砲してくる可能性もあります。

とうとう警察官が発砲し、犯人は銃殺されました。

結果的に犯人は凶器は持っておらず、

警察官は過剰防衛だとして遺族から提訴されましたが、

判決は正当防衛として訴えは却下されました。

私の見解としては ”当然” だと思っています。

”撃たれたら、撃ってもいい?

 先に撃たれて警察官が死んでいたら?どうやって撃つの?

 どういう事??”

”それ以前に、強盗しておいて被害者って・・・”

という気持ちが先立ちます。

 

一般市民レベルですと更に酷(ひど)く法律の現状はこうです。

ペシペシと毎日または毎度傷がつかないよう

(医療上怪我と診断されない程度に)誰かを叩き続け、

相手にストレスがかかるよう仕向けます。

或る日、相手がブチ切れたら出来るだけ多くの目前で、

思いっきりぶん殴らせます。後は被害者を装い、

密かに医者へ行き診断書をとっておき、以後叩くのを止めます。

相手がこの事件当日迄の後遺症が訴えられない十分な時間を置いて

管轄の警察へ行き被害届を提出します。

相手は傷害罪で起訴され、刑事処分対象となり、

更に相手に対し被害者として民事上の慰謝料請求が出来ます。

ん?相手が

”毎日叩かれ続けた”

と訴え返して=反訴して くるのでは?

いやいや、裁判では

”客観的に証明出来る証拠(何月何日何時頃どこで叩かれた、

  それを誰が見ていた等、一般的には証拠作成不可能なレベル)”

が要求されます。

”毎日など叩いていない”

”親しい仲間への挨拶代わりとしてスキンシップを行っただけ、

  そんな風にとらえられていたとは残念”

”意識していなかったので、あまり覚えていない”

と、とぼけるだけで一蹴出来ます。

上記に導かれるように、

嫌がらせもまた、

”主観的ではない、誰が見ても嫌がらせであると判断出来る内容を、

  第三者の証人をもって事実としてあった事が明らかに出来、

  継続的な記録をもって証明する必要がある”

ことから、

”(暴力を含まない)嫌がらせなど、現行法律では到底証明不能”

である事を経験上お伝えしておきます。

 

謂わば日本国は、中国や北朝鮮の挑発行為を非難する割に、

”警察なら挑発した側が悪い(これは正当な場合が多いと思っています。)

 一般市民なら挑発した側が被害者”

というルール運用を許容しており、

”人権侵害を促進している”

と言わざるを得ません。

 

最近、

”老人が通りすがりに若者から被害を受けた”

と一方的に報道される事件が多くみられますが、

上記のような事例の頻度(ひんど=多さ)から察するに、

こうした挑発行為が先立つケースもあるのでは?と思っています。

一見弱者に見える事を盾に罠を仕掛ける言動を見抜かなくては、

いつまでたっても根本的な解決に近付く事は出来ません。

”些細な” が増幅して ”大事に” なっているのです。

”やり過ぎ”

は第三者が冷静に考えた時発する表現で、

謂われなく突然やられた人の気持ちに法律が行き届かない事は、

イジメの温床の大きな要因となっています。

イジメの根絶は、

”先ず細かな実態把握=小さな事もつぶさに記録する”

事がとても大事です。結果の大きさに相似して

”大雑把に捉えていては、=殴った vs 殺した という比較だけでは、

本質を見抜く事は出来ない”

と申し上げておきます。

 

人間、得な事はズルくてもやります。

自制心が強く我慢する方は、うつ病を発症し、自殺傾向に向かい易く、

自己表現豊かな方は、統合失調症(昔で言う分裂病)を発症し、

凶悪犯のレッテルを貼られる方向へと堕ちて行き易い、しかも

 

”自分から仕掛けて相手を貶め、更にお金を請求出来る”

 

こんな現行法律なら、イジメをしない手はありません。

率先してイジメた方が得ですから。

 

”謂われなく突然やられた人の気持ちに法律が行き届かない事は、

  イジメを誘発する大きな要因となっています。”

 

レベルの低い言い方をするなら、

”イジメは、しなきゃ損”

ですから・・・

 

再度力説します。

”自分から仕掛けて相手を貶め、更にお金を請求出来る”

現行法律は、

イジメを助長する!いや、推進する!!

大きな要因となっています!!!”

 

2015.11.07. (Sat.)

22世紀 ~起業スピリッツを ”体現する覚悟” を学ぶ~

お早うございます!

段階的な事ですので、新入従業員にこれをいきなり、

という話ではありませんが、

”マインドを学び身体に染み込ませる”

に始まり、

”現場把握/問題意識/解決 スキル”

を身につけ、

”管理スキル”

を実践=自分をコントロール 出来るようになり、

”財務/コンプライアンスに関わる法律上の縛り”

についての学びを継続する。

ここ迄で相当 ”出来るビジネスマン” に成長されている事でしょう。

しかしその上に、最も高いハードル、

”経営者として自立し、企業を設立するリスクを背負う勇気”

が立ちはだかります。

これだけは理想論だけでは語れない、ややもすると、

”命と引き換えに匹敵する覚悟”

が要ります。ここに踏み切る手前でしたら、結局は

”やっぱ止ぁ~めた。”

で引き下がっても何とかなるでしょう。この岐路が最後の最後、

御自身の人生に於ける最も高い山場になる方が多い筈です。

実際に私の知る範囲で、

”御自身の企業の負債を賄う為、

  御自身の保険金と引き換えに自殺された方がみえます。”

今自分がこの岐路に立ち、何を学ぶべきか路頭に迷っています。

スキルではないと思っています。

自分の想いがリスクを超える理由=原動力 を模索しています。

冨安社長からこの ”答えとなる何か” を学ぼうと思っています。

 

以下様々な引用から

■FISCOアプリの銘柄選定:【本日の材料と銘柄】葬儀料金トラブル、料金体系の透明性が必要
12月18日(金)17時56分配信 フィスコ
※この記事は、無料のスマートフォンアプリ「FISCO」に先行配信された記事を転載したものです。
葬儀

葬儀の料金を巡り葬儀社とトラブルとなったという相談が増加していると報じられる。                                               

全国の消費生活センターに寄せられる相談の多くは

「料金が高く、支払いに困っている」

という内容のようだ。                 

従来、葬儀会社に対して確認しにくかった葬儀料金も、その料金体系の透明性が求められている。

(アナリスト 藤原豊)

※ 2015年11月20日 読売新聞にも同様の掲載がありました。

 

■葬祭業界の現状

葬儀市場の規模は年間1兆円と目されている。

事業者数は約6千である。平均的な事業者は年間150件の葬儀を取り扱い、

1件の売り上げが150万円。

~中略~

公正取引委員会が昨年「葬儀サービス取引実態調査」を発表した。

そこで注意されたことは主に次の2点である。

一つは病院指定業者による不法な営業である。

病院では葬祭事業者の指定制度をとっているところが少なくない。

 

~中略~

しかも葬祭事業者に支払われる費用はあきれるほど安価であり、

多くはむしろ葬祭事業者がお金を出して指定業者になっている。

~中略~

もう一つの葬祭業者選択の問題は、景品表示法上の問題である。

葬儀の価格に対して消費者の関心が高まるとともに、他社と正当に比較し、

証明可能な形で「安い」と広告するのではなく、

何らの根拠もなしに「安い」と広告する例が増えてきている。

~中略~

消費者もまた祭壇等の物品の提供に対してよりも、

親身になった相談等のサービスに価値を置くようになってきている。

~中略~

追加料金については

「説明があり、納得できた」とする消費者は67.8%にとどまっている。

納得度は低いと言わざるをえない。

 

以上 表現文化社のコラム ”葬祭業界の抱える問題点” より引用

 

株式会社ティア

設立1997年7月 2006年名証セントレックス上場{サービス2485} 

2014年には東京証券取引所市場第一部

・名古屋証券取引所市場第一部上場を果たし、

葬儀業界の中では全国で2社目の東証一部上場企業となりました。

名古屋市地盤 葬儀施行、葬祭会館展開 料金開示サービスに特色  

関西制覇し関東進出展開中

代表者代表取締役社長 冨安 徳久

平成27年2月10日現在株価 575円

冨安 徳久社長のお話 

平成27年1月30日 日本橋 野村証券本社7階ホールにて

関東に乗り込む。

アルバイトで葬儀屋で働いた。

友達が時給400円、自分は1,000円だった。

なんと儲かる業界かと世間知らずでも痛感した。

お客さんが涙を流して喜んでいる仕事は他にない。

一生の仕事と思った。

大学入学より葬儀業に身を投じ、アルバイト先に就職。

人の死に分け隔てがあってはならない信念を学ぶ。

あまりに利益優先で生活保護者など貧困層を相手にしない会社方針に反発。

10年修業し30歳過ぎで独立開業、名古屋で株式会社テイア創設。

日本で一番ありがとうと言われる会社スローガンに邁進、

ついに38歳の時上場会社に成長。

葬儀業界は上場しない

※ ここから引用外

事業者数上記より約6,000。

内、上場企業=ガラス張り経営事業者としては

平安レイ /ケアサービス /ティア/ サンライフ/ ニチリョク/ はせがわ /燦 HD

以外に名前が挙がってこない。

※ ここまで引用外

儲け大きく十分蓄えることが出来自己資本で十分。

他人の資本は必要ない業界だった。

だから上手い方は一族で運営する。

勿論独立開業後苦闘の連続だった。

余命10年と思い詰め、使命を適正価格に定め業界に旋風を巻き起こした。

名古屋から大阪に出て大成功だった。

今度は関東だ。今55歳、やるきだ。

社名は感動の涙からTEARとした。

 

以上 ”年金・医療・失業・労災困ったときの助かるブログ” より引用

 

私の視点で語る TEAR様像

応援企業 株式会社 TEAR様

 

2015.10.23. (Fri.)

 

22世紀 ~昇念(”残念” の対義造語)へのたゆまぬ挑戦~

お早うございます!

すっかり秋めいて参りました。

気候もよくなって風が頬を心地よくかすめていきます。

行動するには良い時期かと存じます。

皆様も高らかな青空に向かって羽ばたいて参りましょう!

今日は、(今現在は)私個人の ”着地点” についてです。

 

さて、私は主に社会人や企業人向けのセミナーを開講しています。

最終的に私が辿り着くべき先は、

”今を生きる全ての社会人/企業人の生き様ガイドの作成”

だと思っています。謂わば、

”人としてのあるべき姿の 公理=これ以上訳しようの無い真実

  を完成させる事”

です。それは哲学の命題、

”人間とは何か?”

への一つの解答にもなり得るかもしれません。

立場によって取り替えなければならない考え方は公理ではありません。

※勿論立場立場により固有に必要なスキルはあります。

     それを否定するものではありません、

  ”公理ではない”、それだけです。

公理と立場や立ち位置固有のロジックを混同する事は、

反論や揚げ足取りのネタでしかなく、

摩擦や軋轢という ”間違い” を産む原因になります。

これは非常に多くのものと例外を対等に論じようとする事に似ています。

A : 「〇〇は、Ⅹです。」

B : 「でも、Z(概ねⅩを否定する見解)というのもありますよ。」

じゃぁどうしようか?・・・

重要な会議でも、喫茶店の友人同士でもよくみられる光景です。

この場合、XとZがそれぞれ、

”100に対していくつを指したデータなのか?”

を提示せずに論ずる事で起きる混乱です。

Xが80%を網羅した見解=20%の否定の可能性を含む ならば、

Aさんの意見を優先して進めるべきです。

Zが20%以下や、ややもすると1件、2件の例外的見解の場合も

少なくありません。知っておいて損はありませんが、それに合わせて

企業の指針としてはいけない意見なのです。

当たり前の話?ですかねぇ~、本当に?

さて、私の話が非常にコアな所以はここからです。

この一見些細な対立がどんな時に起きるか?が本質です。

非常に多くの場合、

”Aさんが、大人しい、または優秀、はたまた後輩や部下、

  という性格や立場に対して起きている”

という現実です。これは、

”企業の将来にとって善かれという発想に先んじて、

 人間同士のイニシァティヴのせめぎ合いを原点に表面化した争い”

であるところが大問題なのです。いずれ大きなトラブルを産むからです。

これからの企業様はここに着眼して取り組むべきだと考えています。

優秀な人財を活かす企業像のヒントになるからです。

人権保護が出来ない企業が生き残るべきではないからです。

中で争っているような企業が外と闘える訳がないからです!

 

ENSEMBLE ~”TOMMY” MURAKAMI~

LINK ここをクリックして下さい。

 

例えば・・・

他人と上手くやっていく事無くして

企業人として生き残る方法は無いのか?

この疑問への解答無くして

新入従業員が入社直後に受けるダメージ

の回避はあり得ないでしょう。

イコール!

”新入従業員のモチベーション低下による早期退職”

に歯止めをかける事は出来ないでしょう。

例えば・・・

人間関係に固執する事で、

”大目にみる事、目をつむる事”

との境目が次第に曖昧になるのは必至、という実状があり、

”仲良しクラブの代償が、

  企業全体の不正を産み、育み、企業生命を終わらせる”

これが現在の企業内に於ける大きな問題の実態です。

これら長年解決出来ない問題に解答を見出し、

誰でも理解出来る言葉で体系化し、

腑に落ちる内容として次世代に伝えていく事、

それこそが私個人の使命だと思っています。

これがひいては、

”いつか社会人/企業人全体のあるべき姿になる”

と信じて止みません。

 

偉大な先人も、ちっぽけな私も、

”誰しも道半ばで倒れる”

ものです。これを

”残念”

という言葉で見送るのではなく、

”現世に遺された私達にとって

 彼女(彼)という存在を失う事は残念。しかし、

 彼女(彼)は、より高いステージで

 御自身の念を達成する事でしょう”

と認識し、

残された者達が引き継ぎ更なる高みを目指す。これを、

”昇念”

とでも呼び、喜んで見送っていきたいものです。私は、

”人の産まれ生きる意味は、全人類に向けた質の貢献”

だという思想に辿り着きました。だから、

”短命である事を悲しんだり嘆くべきではない、

 逆に沢山遺した事だけを讃えるべきではない。

 たった一つの足跡だとしても!

 そこにどれだけの質が盛り込まれているか?

 が全て”

これこそが

”全ての人には生を受けた意味がある”

事への私なりの証明=解答なのです。

 

 

2015.10.02. (Fri.)