LINEで送る
Pocket

この度は弊社 お申し込み/お問い合わせ ページへお越し頂き誠にありがとうございます。先ずはお気持ちそのままにお申し込み/お問い合わせ下さい。     「初めの一歩」にクリックすることが、皆様と WIN-WIN の関係構築のスタートラインとなれましたら幸いです。株式会社Bells Rock Vista Nagoya 担当 : 村上
※ 必須選択項目です。                                               ※ 先ずはお気軽に繋がってみて下さい。                                       ※ 英語での対応は、日本語でのコミュニケーションがなされてからにさせて頂きます。                  ※ URLの貼付又はURLを含んだアドレス等は「スパム」として対応させて頂きます。
※ 任意の記入項目です。
※ 必須選択項目です。                                              ※ 最も近いカテゴリーをクリックして下さい。
※ 任意の選択項目です。                                              ※ 最も近い内容をクリックして下さい。
※ 任意の選択項目です。                                              ※ 最も近いカテゴリーをクリックして下さい。
※ 必須の記入項目です。                                               ※ Firstに「名」/Lastに「氏」をご記入下さい。
※ 必須の記入項目です。                                               ※ 株式会社Bells Rock Vista Nagoya は性別による差別を放棄させて頂いております。
※ 必須の記入項目です。                                               ※ 月/日/年の順に半角英数でご記入下さい。(例 : 1963年8月9日生=08/09/1963)
※ 必須の記入項目です。
※ 任意の記入項目です。                                               ※ よかったら振り返ってみるのもよいかと。これを機に覚えておくとプチ雑学の足しになるかもしれません。
※ 必須の記入項目です。                                               ※ 省略なく(番地等の簡易表記は可)ご記入下さい。                                  ※ 分かりにくいお住いの場合は詳細までご記載下さい。                                ※ リサーチして該当のないご住所は「スパム」として対応させて頂きます。
※ 必須記入項目です。                                               ※「Comfirm Email」にも同じアドレスをご記入下さい。
※ 必須の記入項目です。(ハイフン不要)
※ 任意の記入項目です。(ハイフン不要)                                      ※ 法人様の場合は必ずご記入下さい。           
※ 任意の記入項目です。
※ 必須記載箇所です。                                               ※ 200~400 文字(原稿用紙一枚程度)程度にまとめてご記載下さい。
LINEで送る
Pocket

Comment (2)

  • 松田 和香| 2018年9月14日

    経営者樣

    お世話になっております。あしたのチームの松田和香と申します。
    御社のHPをみてご連絡させて頂きました。

    多くの経営者方が
    社員の「成長」に、「売上」に、「頑張り」に不満を持っています。

    そして、朝礼や、飲みの席で
    「頑張れ!」と社員たちに声をかけています。

    でもそれは正しいのでしょうか?

    多くの社員が頑張れない理由は
    「社長にある!」と私たちは思っています。

    「頑張れ!」と声をかけるのが経営者の仕事ではなく、
    「頑張りたくなる仕組みを作る」のが経営者の仕事だと私たちは思うからです。

    「頑張りたくなる仕組み作り」は全て「人事評価制度」にあります。

    私たちは、AIを活用した人事評価クラウドで中小企業の働き方改革を実現するHRテック企業です。

    おかげさまで、私どもはこの数年で全国47都道府県に拠点を構え、
    延べ1,200社を超える企業様に人事評価制度の構築と運用サポートでシェアNO.1の実績を作ることができました。

    実は「人事評価は自社で作りたい」という方が非常に多くいらっしゃいます。

    一方で、独自で作った人事評価制度を上手く運用できずに形骸化してしまうケースというのも同じくらい多いのが現状です。

    「あした式」ゼッタイ評価制度自社構築キットでは、
    1200社の制度導入実績、そして運用のご支援の実績を持つあしたのチームのノウハウを練りこんだ
    「自社運用を見越した」人事評価制度を「安価」に作ることが可能です。

    「あした式」ゼッタイ評価制度自社構築キットサービス紹介ページはこちらです。
    http://go.ashita-team.com/lp_ashitashiki_kit/fma

    長文となり恐れ入りますが、
    経営者の熱い思いを込めたオリジナル評価制度を作成していくにはどうすればよいのか?
    ぜひこの機会にご検討頂ければと思います。
    ご確認よろしくお願いします。

    • Toshiyuki Murakami| 2018年9月14日

      初めまして。
      コメントありがとうございます。
      先ず私どもでは一人で運営しておりますので
      評価システムは必要がないというのが現状です。
      御期待に沿えず申し訳ありません。

      企業内評価についてですが、私は
      「評価せねばならない組織は必要ない」
      と考えています。
      そういった企業形態は、従業員のパワハラ告発(告訴)と
      管理職の精神疾患という別問題で
      大枚を費やすことになっていくと見込んでいるからです。

      組織図は社長と正社員のみ。
      正社員は上司部下、
      先輩後輩等の上下関係が組織上存在せず、
      成果配も一律のルールにのっとり、成果はただ一点
      「いかに利益を残したか」
      だけです。

      末端の正社員も役割と責任が与えられ
      取り組み姿勢維持がポジション確保の絶対条件、
      背けば即刻解雇もあり得ます。
      という36ルール規定をお勧めしています。

      管理は経営者ではなく、
      各自が持参する経営者の理念を言葉少なに表した
      「クレド一枚」
      で充分です。
      「一人ひとりが自ら考え行動する」
      が最低限のレベル、という
      今なら恐ろしく高い文化の企業が台頭してくる
      と思っています。

  • You must be logged in to post a comment