LINEで送る
Pocket

私はこういう者です、宜しくお願い申し上げます。

テニスは高校生の頃本気で取り組みました。

トーナメントプロに師事してボレー中心のプレスタイルを確立しました。

コート上での足は速かったのですが、

アナログな体力作りでは身体が大きくならず

どうしても力負けしてしまい押し切られる選手で終わってしまいました。

トーナメントプロと打ち合って解ったのは、

強くなるには一定以上の腕力が要る”

という事です。 ボールに強靭な回転がかかっており、

ボールではなく石を打ち返しているような錯覚に陥ります。

 

恐らくトーナメントプロ同士の試合は

“どこに打つか?ではなく、思うように打たせないようにする”

戦いだと思います。

テニスを極める人とそうでない人との違いに於ける私の基準は

“打ち込んできたボールを、

標準の所作として打ち込み返す脚力とスキルがあるか”

です。 つまり、どこに打とうかかと考えながら打ち合えるレベル、

ガツンと打たれたら一本守るレベルは

テニスを極めた人からみると格段に低いレベルだと思っています。

そうなれなかった私ですが、

トーナメントプロから学んだセオリーやロジックがあり

フォームやプレースタイルを実行する事は出来ます。

そこをお伝えするスクールです。

 

1989年に全日本優勝した谷澤英彦氏がテニスを始めた頃

高校生だった私は彼のお父様が経営するテニスクラブで

練習しておりましたので よく打ち合っておりました。

幼い頃の成長の過程はみて参りましたので、

ジュニア選手へのアドヴァイスも可能です。

“日々の健康維持増進に役立てたい。”

から

“華麗なフォームでローカル大会の優勝を目指したい。 ”

そんな目標の方にも適したテニススクールです。

また、

並行して人間育成をテニススキルの向上と同等のポジションとして捉え

”テニススペシャリストあるいはテニスプロとして身を立てたい”

というプレーヤー育成、

”テニスをビジネスの対象として事業をしたい(個人事業主を含む)”

方の育成を最終目標とする総合教育アカデミーを開校しております。

 

【JPTA 認定証】

【打球テスト結果】

 

【名刺 ※ 割引券になってま~す。】

 

【JPTA メンバーズカード】

 

【JPTA プロコーチ検索ページ】

 

参考資料 : 私のアカデミー内容 ☟

https://peraichi.com/landing_pages/view/30n7g

《概要》

Ⅰ. Tennis Academy

下記を御覧下さい。

Ⅱ. Tennis Tour

決定次第発表させて頂きますが、

皆様のテニスツアーに講師として参加させて頂く事も可能です。

料金は応相談とさせて頂きます。

 

《TO=Tennis Only Class 概要例》

Tennis School 1クール\¥10,000- ~ + 税

※ 料金は全て打ち合わせ時に両者納得の上決定しますので上記は標準例です。

※ 参加者全員で、1名分の往復交通費を御負担頂きます。

(「上記料金で10人=一人当たり¥1,000- + 税 のスクールをしてくれん?」

「コート1面ですと動いた感や打った感がないので2面とれますか?」

「じゃぁ2面用意するからさぁ、お願いします。」

「かしこまりました、では¥10,000- + 税 と名古屋市内ですので、

交通費は往復税込み ¥1,000-  で如何でしょう?」

「それでお願いします。」等)

※ 1クール2時間(1日2クール迄)

※ 練習メニューはお任せ頂きます。

※ テニスコートの御準備を御願い申し上げます。

(有料にて弊社でのテニスコートの御用意は可能です。)

※ ボールは弊社にて御用意致します。

※ 服装、シューズ、ラケット、タオル、ドリンクは各自で御用意下さい。

※ この項は下記アカデミーのカリキュラムに含まれています。

 

詳しくはこちらからお問い合わせ、お申込み下さい。
http://tommymurakami.com/?page_id=652%2F

 

 

≪Bells Rock Vista Nagoya inc. Tennis & Business Academy≫

テニスは特殊なスポーツです。

高貴なスポーツという位置づけ、比して激しい運動量のレベルが存在し、ビジネスの対象にもなります。

そのその全てを経験値としてデータを脳に刻むスタッフが、

「心技体を構築し、独り立ちが出来るノウハウ提供」

に尽力します。

 

詳しくはこちらからお問い合わせ、お申込み下さい。
http://tommymurakami.com/?page_id=652%2F

 

また、教育機関関係の方々にもご提案がありますので、ご一読頂けたなら幸いです。

 

参考資料 : 私のアカデミー内容 ☟

http://www.seminars.jp/s/321752

 

詳しくはこちらからお問い合わせ、お申込み下さい。
http://tommymurakami.com/?page_id=652%2F

 

2017.09.23. (Sat.) 更新

2017.06.05. (Sun.) 更新

2017.07.22. (Sat.) 更新

2017.07.27. (Thu.) 更新

 

 

LINEで送る
Pocket

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA