スタートライン

LINEで送る
Pocket

「M氏T氏が会社に嘘をついたところから始まった
=かばえなくなったことも致し方なし」
本当に?
今から会社側会見だがここを強調するようであれば
以下を熟読頂きたい。
 
M氏T氏が発信(暴露)していることは、
どの道いつか誰かがするはめになったことであって、
 
「これまでの長い企業文化の歴史が、
 正直に言えるような事務所ではなかった」
 
ことを起点とする暴露であって、
今後の若手達にとって、
よりブラックな部分を明らかにすることで
社会の判断を仰ぎ少しでも良い会社になって欲しいという
意図があったのは筋違いではなく、
むしろ根幹に触れることであり当然である。
再度申し上げるが、このような百姓一揆に類する
民(たみ)=平民による反乱や謀反は、
どの道いつか誰かに起因して起きるはめになったこと
であって、
 
強い立場の者(達)が、
スタート地点を都合よく設定、印象操作することのないよう
この点を視聴者は殊に注意する必要がある。
 
「何十年も積み上げたものが何かあれば一発アウト」
という
芸能事務所
テレビ各局
スポンサー企業
の「寛容性0(ゼロ)」への恐怖の吐露でもある。
 
「芸能人は人としてあり続けられるのか?」 
「芸能人は聖人君子でなければならないのか?」
この責は一般市民にもある。
我々一般視聴者は
「有名料」
などと勝手な名目で脅し、
「街中で見つけた芸能人に、
半強制的な写真撮影や好意的な対応を強要する
”人でなし行為” 」
「世界に誇れる日本人マナー」
として厳に慎まなくてはならない。
こうした一般視聴者達の誤った優越心の延長に、
芸能人達の
「必ずしも悪に端を発しない人間らしさからくる弱さ」
を個々のストレスの矛先として、
完膚無きまでに叩きのめすことが
当たり前のように認知されてしまっている現状がある。
 
やんちゃな仲良しグループのメンバーが、
「同じ鍋を囲んだ仲」の忠誠を誓う先輩方にも
嘘をついてきたこと自体を含めた謝罪である。
もはや言い逃れ出来ない、
=逃げも隠れもせず全てを明らかにする立ち位置を認識し、
社会的制裁=職を解かれる 覚悟の上であることは明白だ。
 
再度申し上げるが、
「虚偽報告をされたことでかばいきれなくなった」
という言い分は、
 
「今後も現状を維持する中で、会社サイドの意向に沿って動く
=会社の言いなりでいられる なら何とかする」
 
という飼い犬文化継続の強制の言い換えであって、
M氏契約解除報道と共に報道された、
 
「今後も所属タレントと書面で契約することはない」
 
という会社代表者のコメントに象徴されている。
やはり会社にとって書面契約による何らかの大きな不利益が
「口頭契約」の中に隠されているのだろう。
ここまでくると、
根本解決に向けて学習していないのではなく、
M氏T氏の意向を汲むくらいなら切り捨てる。
という頑固な迄の時代遅れを維持しようとする
明らかな会社トップの姿勢表明ととらざるを得ず、
反社排除を公言していることとの乖離=ギャップ
に対する当然の成り行きである。
14:59 現在。
うむ、
会社代表の反省に重きを置いた内容ではあるようだ。が、
涙によって企業としてあるべき姿の確立から逃れるような
今後目指すべき着地点という本質を曇らせてはならない。
16:07 現在。
あ、やっぱりスタートラインを嘘の発覚時点に設定強調してきた。
パワハラ現場で冗談??
圧ではなく雰囲気を和ますつもりで・・・?
和みの中冗談話にしては実際にクビにしている。
所属タレントの時間や手間を強いる策は次々と口にするが、
身銭をきる話、報酬対策は全く出てこない。
※ 「会長、社長の期間報酬減俸」は一時金で、
  この場しのぎの見せかけ罰則である。
  記者会見ではよく見かける懲戒処分だが、
  根本解決に向けた決意ではないことに注意。
  これを身銭をきることと勘違いしてはならない。
M氏T氏に比して、代表の保身が随所に感じられ情けない。
参院選結果発表と
取り扱いを分散させる意図も見え隠れする日時設定だ。
結局「共倒れは止めて撤回するから手打ちにしよ。
=これ以上はこっち(会社)の不利益だからやめてよ。」
ってことのように感じる。
こんなに語彙力、表現力の無い社長が
大手のトップでいられる業界であるということを
踏まえていく必要がある。
「被(かぶ)せたもの言いで黙らせる、言いくるめる」
タイプ=恫喝(どうかつ) で統合してきた組織であることは明白だ。
やはり予想した通り
「暴力団の組織運営を模倣したオペレーション」
こそ芸能界にはびこる事務所等の運営の中核を成す「癌(ガン)」である。
これこそ皆分かっていたが口にしなかった=タブーで触れられなかった
「芸能界に於ける結界」
だったのである。
コンサル的表現で形容するならば、
 
「こうした組織に於いては、
上には感情次第の『鶴の一声』を許容し、
下には一貫性のある『筋』を強要する」
 
トップにはあやふやな感情で決定と称するものの
舌の根も乾かぬ内に無かったことに出来てしまう
でまかせを『鶴の一声』というあがめた表現で許し、
下には『吐いた唾は呑ませない』という
決して二言を許さない首尾一貫した言動を強いる。
一般市民からここへ入っても到底ついていけない文化である。
国際社会としては到底受け容れられない独善的閉鎖社会である。
加えて業界構造の大問題と位置付けるべき、
一芸能事務所がテレビ局に情報操作を働きかけられる
などという身内話が脅し文句に利用されている現状打破に向け、
テレビ各局、
全社この件のみの放映、厳しい追及を緩めぬ等、
真偽の程の証明作業による
ブラックボックス化を食い止めるせめぎ合いは続く・・・
2019.07.22. (Mon.)
LINEで送る
Pocket