22世紀 ~飛躍の年を願う~

LINEで送る
Pocket

平成は平静の内に最期の時を迎えた。
十二支もまた輪廻最後の節目となる。
青山学院、帝京、絶対王者が負けた。
陛下は自ら退かれる。

国は領土と国民から成り、
世界は制度と経済を基盤に動く。
今一度日本人一人一人が
日本を起点に世界を発展させる
「原動力意識」
を持ち発奮せねばならない。
制度を自らの意思で動かす為選挙に行き、
仕事をし、
稼いだ金融資産を回さねばならない。
「言っても無駄だ」などと嘆きながら、
日々時間を浪費していてはいけない。
維持しようとすれば衰退していく。
2位を目指してはいけない。
ナンバーワンを獲りにいった中から
結果的に2位は生まれるからだ。

先に述べた通り今年は多くの節目年だ。
可能性として、
少なからず領土を失う程の超激甚災害が起きる、
銀行が貨幣(現金)から手を引く、
形あるものが原油に依存しなくなる、
等が考えられる。
多くのもの、ことが
根底から覆(くつがえ)る兆しすら感じる。

破綻と飛躍の違いは、
構成員一人一人が
「動き、回す」
ことに当事者意識をもって参加するか否かだ。

少しだけ隣人に関心をもち、気遣い、助け合い、
キャッシュレスの延長上にある
仮想通貨アレルギーを取り去り、
大自然に溶け込む多少不便な都市モデルを
想像から創造へと具現化し始める。
そんな近未来を、
それぞれが現実世界としてイメージすることだ。

次々と制度が変わり手薄になっていく年金で、
70歳から100歳迄無職、
手持ちの資産を崩しながら、
だけで生き抜くことは絶対に無理だからだ。

「グローバルな分散投資運用」
が必ず必要になるだろう。
コアな大口投資家に相場が左右され
小口一般投資家が食い物にされるのは、
一般投資家が少な過ぎるからだ。
経済が不公平で豊かに感じられないのは
自分達が経済活動していないからだ。

「国民全員参加で動く、回す」
そんな活気の中で新たな元号を迎えられれば
必ずや飛躍の年となるはずだ、
そう信じながら一歩踏み出すことにしよう。
【新元号予測】
「明徳」

Rocket Man 〜Elton Jhon〜
アポロ13号打ち上げの成功に捧げた楽曲。
エルトン・ジョンはバラッドでも、
タタタタンタンタン
という3や6の連打タッチで切れ味よく弾く。
リズム感の良さを感じるシンガーだ。
long long time
の心地良いファルセット(裏声)を
後に失うことになるが、
健在の頃の歌声がやっぱりいい。
今では
シンセサイザーのピッチダイヤルを回せば
このスライドアップする効果音が出せるが、
当時彼のバンドは
繊細なスライドギター(ボトルネック)で
表現していた。

ボトルネック効果音でアレンジされたオリジナル

暫し宇宙空間に想いを馳せ、
無重力を感じながら漂って頂きたい。

午前00時09分。
僕は凧のように舞い上がる
地球から遥か遠く 愛する者の元を離れ
ただ一人宇宙空間の中
何と時空を超えた世界なんだろう

火星は子供を抱き上げるようなところじゃない
ただ地獄のように寒いのが現実だ
もしそれが出来たとしても誰もいない世界
僕には科学のことは分からない
週に5日ミッションをこなすだけの
宇宙飛行士なんだ

長い長い旅になると思う
新たな発見がある迄帰ることはない
僕は皆んなが想像するような
家にいる人間じゃない
だって僕はここで一人燃え尽きて
もくずと消えていく宇宙飛行士なのだから

長い長い旅になると思う
長い長い旅になると思う
長い長い旅になると思う・・・

※ 訳詞 “TOMMY” MURAKAMI

2019.01.05. (Sat.)

LINEで送る
Pocket