城の完成 ~輝ける未来を彼らに~

LINEで送る
Pocket

①T&M ストーリー

生後4時間。

家族同然の親戚に子供が出来て駆けつけた。

精密なこわれもの細工のように、

数ミリ幅の小指にもちゃんと爪があるのに驚いた。

やがて周囲に次々と子供が産まれ、

小学生の頃には親戚グループのリーダーになっていた。

彼の父がそうであるように。

彼の父は弁理士保持者の弟を持ち、

エリート一族の一員として資産管理や我々村上家の様々な面倒をみてきてくれた。

その姿を間近で見てきた彼が包容力を有さない筈がない。

スピーチを頂いた上司の方々からも

それに準じたお言葉が多かったように思う。

周囲からの信頼を受けたイケメンがもてない筈がない。

CBCの青木アナ似の美人才女を射止めて本日に至った。

全員で合唱となった讃美歌312番「結婚式」

https://www.youtube.com/watch?v=d_ZHBmexctc


御学友と肩を組んだ姿も、

彼の父が結婚式で校歌を歌った時と同じ。

「あぁ、あれから30年以上が経つのか・・・」

会場だった中日パレスも姿を消してしまう。

最後に目を潤ませながら彼は言った。

「ご親族の皆様、僕が生まれた時から見守ってくれてありがとう・・

(”と” にアクセントを置いた発音に素朴な温かさがありジンときた)」

声を詰まらせた。

あの生後間もない彼が指を撫でるとくれた満面の笑顔が琴線に触れ

私も思わず嗚咽し直視出来なかった。

「お兄ちゃん」と呼びいつも何かと気にかけて貰い遊んで貰った人が、

今彼の父として御挨拶に立つ姿に不思議な感覚に陥った。

現実を映し出すタイムマシンに乗って辿り着いたような。


きっとこのタイムマシンは彼と新婦もまた

輝かしい未来へと連れて行ってくれるに違いない。

福岡・宮崎・長野の食材を集めて鰤の軽い炙り・サーモン・帆立貝のマリネと

冬野菜・フルーツの菜園仕立てビーツのヴィネグレットソースをアクセントに

新郎新婦の大好物特選国産牛フィレ肉のステーキと旬野菜

「赤ワインソース」「スモークソルト」「山葵」をお好みで

ウェディングケーキとココナッツのブランマンジェ・八丁味噌のマカロン・マンゴーアイス

会場となった「ラソール ガーデン・名古屋」

 

②Uストーリー

 

幼い頃から何だか気の合う彼とは中学時代

テニスではペアを組みマラソンでは争った。

マラソンでの彼は特別だった。

アベレージでは陸上部のOが愛知県No.1の実力なのにOよりも早い。

私とて当時1500mを4分30秒で走り相当の自信があったが

Oはそれより早く、彼は更に早い。

愛知県No.1のOとそれよりも早い彼、そして私を有する南光中学は

区大会は勿論、精鋭が揃う名古屋市郵政駅伝でも優勝した。

※ 富田中学(準優勝)の石山氏は後に万里の長城駅伝に出場している。

そしてまた彼はインターハイにも出場している。

十年単位で疎遠になっていたが、

引き寄せられるようにサイトで彼を見つけ

テニスのプロコーチテストで合流した。

蓄えた資金で融資を受け、培った信用と自信で立派なテニスクラブを建てた。

真新しいコートに招いてくれて一緒に打ち合った。

出来る限りの支援をしながら彼の成功を心から願っている。

 

中学時代の彼のゾーンと思える言葉が印象に残る。

「俺今日死ぬわ。このままOの後走りた(く)ないで。」

泡を吹いて走り終えた彼はこの時を境に突然超人ランナーへと変貌していた。

この経験がこうした常人では思い切れない境地に飛び降りる

底知れぬ勇気を優先させていると思う。

素晴らしい友のチャレンジに拍手を送りたい。

詳細はこちらから

http://tt-playce.com/

 

2018.02.11. ~ 13.

LINEで送る
Pocket