22世紀 ~夏の陣を秋に~

LINEで送る
Pocket

お早うございます!

昨日は雨の中「長谷川画伯」とコラボセミナーでした。

参加して頂いた方々有難うございました!!

準備中~。

社会人/企業人セミナー=ビジネスオンリーのセミナー?

いやいや、一般社会で生きる知恵がふんだんに含まれています。

個々の悩みについても触れていますので、

学生、主婦等々の方々にも是非お越し頂きたいと思っています。

私は一貫して・・・

1.早くから「自立」して「稼ぐ」意識を持ちなさい

2.平社員から企業トップに至る迄「人間であれ」、「真摯さを訴求せよ」

とお伝えしています。

 

かわって第二部は長谷川画伯の

「指で描く油絵」

でした。

左は画伯が手本として描いたサンプルの写し、右が私の模写です。

違い過ぎて笑える~。

サンプルには様々なテクニックをちりばめていますので、

チリチリバラバラな描き方をしていますが、

全体のイメージが植物で統一されています。

「個性を描く、その方法として何をどう使おうが囚われる必要はない。」

素人の私がサンプルを見て思った疑問、

1.  細い直線をどう表現するの?

2. 球の立体感はどうやって表現するの?

3. 細い平行に湾曲した線はどうやって描くの?

を全て実践して回答して頂けました。(答えは秘密です。)

流石の長谷川画伯。

「春陽会の会員」には複数回の入選等

相当高いハードルがあるそうです。

長谷川画伯は週末の数日のアトリエ引きこもり(笑)だけで、

その結果を出してしまった天才でもあります。

 

長谷川画伯ホームページ 「Art Gallery 長谷川 光一」

http://www13.plala.or.jp/gallerykoh/

 

終われば長谷川画伯は幼馴染みの

「長谷川君」。

彼とは一緒に学級新聞を創刊し、漫画を創ろうなどと

夢を語り合った仲・・・

ふと彼は漏らしました。

「村上も俺も常に何か追っかけとるなぁ~。

=クリエイトし続けとるなぁ~。」

いやその通り、今度は本でも出版しよまいか?

今なお共同作業を提案し合う信頼出来る旧友なのです。

次回をお楽しみに!

吹き出しで吹き出すコーナー。(笑)

 

Tommy の喜怒哀楽

http://shibuyaradio.tokyo/index.php/tommy/

 

2017.10.28. (Sat.)

LINEで送る
Pocket