Shuffle ! 5 稽古突入!!

顔合わせと読み合わせを致しました!

今回はいよくさんの秀作を揃えた

「民意」による選抜作品群です。

 

チケットの御予約はこちらから

https://www.quartet-online.net/ticket/q5249zj?m=0icbiba

 

「被せ(かぶせ)」テクで爆笑連鎖を起こし、

「ほっこり」を差し込んで大満足のひと時をお過ごし頂けるよう

一同心を込めて頑張ります、是非足をお運び下さいませ!!

既にチケットが売れ始めてるとのこと、

予約は早めに御願い申し上げます。

 

変顔で記念撮影

 

月並みな顔で再撮影

 

チケットの御予約はこちらから

https://www.quartet-online.net/ticket/q5249zj?m=0icbiba

 

2018.04.10. (Tue.)

村上利幸出演 劇団FREE SIZE 特別公演

お早うございます!

演劇界は劇場確保が困難らしく、

1~2年先の会場を押さえてから

内容を吟味しはじめたりするそうで。

この舞台も私が知る限り

既に半年前以前には取り掛かっておられました。

いよくさんは東京では既に御活躍の脚本家/演出家です。

プロダクション機能の Office Free Size 主宰者でもあります。

http://officefreesize.com/index.html/

※ 俳優としても脚本家/演出家としても経歴が多数あるのに

少なめに仰るところがまた人間臭い方なのです。

お笑い好きも感動もの好きも堪能出来る作品が魅力で

私も一ファンとしていつも出演オファーが頂けるのを

心待ちにしております。

 

今回参加させて頂く「shuffle」は、

短編オムニバスという展開の早い舞台です。

是非是非チケット御購入して足をお運び下さいませ。

今のところ

ここからどうぞ。

http://tommymurakami.com/00f4/products/list.php…

劇団FREE SIZE 特別公演「shuffle! 5」

2018年5月24日(木)~27日(日)

@日暮里d-倉庫(東京都荒川区東日暮里6-19-7)

 

今回は!

ん? 今回も? ん? 今回が? いや、今回を…?

とにかく! オムニバス5本立て!

過去4年の人気作品を「ドカ〜ン!!」とお贈りいたします!

しかし、ただの人気作品集ではありません!

キャストシャッフル + 新作 × 役者 × 演出 × お客様 =ドボ〜ン!!

あ、間違えた! 「ドカ〜ン!!」とお贈りいたします!

タイムスケジュール

5月

24日(木)     19:00

25日(金)14:00 19:00

26日(土)13:00 18:00

27日(日)13:00 18:00

チケット料金

前売り 3,500円(税込)

当日  3,800円(税込)

(日時指定・全席自由)

 

作・演出 : いよく直人

出演

中村利裕

龍太郎

周藤達也

谷もも

長井愛彩

(以上、劇団FREE SIZE)

http://officefreesize.com/index.html/aeeazaafafaf/

ゲスト

飴宮さゆり

大久保たかひろ

黒澤佑紀

越川栄策

斎藤さん

佐京翔也

清水万莉

芳賀美咲

早野碧

村岡海

村上利幸

吉村冴加

(五十音順)

今回はどんな役柄かな~?

これかな?

それともこれかな~?

やっぱこれか。俺は・・・

2018.03.26. (Mon.)

城の完成 ~輝ける未来を彼らに~

①T&M ストーリー

生後4時間。

家族同然の親戚に子供が出来て駆けつけた。

精密なこわれもの細工のように、

数ミリ幅の小指にもちゃんと爪があるのに驚いた。

やがて周囲に次々と子供が産まれ、

小学生の頃には親戚グループのリーダーになっていた。

彼の父がそうであるように。

彼の父は弁理士保持者の弟を持ち、

エリート一族の一員として資産管理や我々村上家の様々な面倒をみてきてくれた。

その姿を間近で見てきた彼が包容力を有さない筈がない。

スピーチを頂いた上司の方々からも

それに準じたお言葉が多かったように思う。

周囲からの信頼を受けたイケメンがもてない筈がない。

CBCの青木アナ似の美人才女を射止めて本日に至った。

全員で合唱となった讃美歌312番「結婚式」

https://www.youtube.com/watch?v=d_ZHBmexctc


御学友と肩を組んだ姿も、

彼の父が結婚式で校歌を歌った時と同じ。

「あぁ、あれから30年以上が経つのか・・・」

会場だった中日パレスも姿を消してしまう。

最後に目を潤ませながら彼は言った。

「ご親族の皆様、僕が生まれた時から見守ってくれてありがとう・・

(”と” にアクセントを置いた発音に素朴な温かさがありジンときた)」

声を詰まらせた。

あの生後間もない彼が指を撫でるとくれた満面の笑顔が琴線に触れ

私も思わず嗚咽し直視出来なかった。

「お兄ちゃん」と呼びいつも何かと気にかけて貰い遊んで貰った人が、

今彼の父として御挨拶に立つ姿に不思議な感覚に陥った。

現実を映し出すタイムマシンに乗って辿り着いたような。


きっとこのタイムマシンは彼と新婦もまた

輝かしい未来へと連れて行ってくれるに違いない。

福岡・宮崎・長野の食材を集めて鰤の軽い炙り・サーモン・帆立貝のマリネと

冬野菜・フルーツの菜園仕立てビーツのヴィネグレットソースをアクセントに

新郎新婦の大好物特選国産牛フィレ肉のステーキと旬野菜

「赤ワインソース」「スモークソルト」「山葵」をお好みで

ウェディングケーキとココナッツのブランマンジェ・八丁味噌のマカロン・マンゴーアイス

会場となった「ラソール ガーデン・名古屋」

 

②Uストーリー

 

幼い頃から何だか気の合う彼とは中学時代

テニスではペアを組みマラソンでは争った。

マラソンでの彼は特別だった。

アベレージでは陸上部のOが愛知県No.1の実力なのにOよりも早い。

私とて当時1500mを4分30秒で走り相当の自信があったが

Oはそれより早く、彼は更に早い。

愛知県No.1のOとそれよりも早い彼、そして私を有する南光中学は

区大会は勿論、精鋭が揃う名古屋市郵政駅伝でも優勝した。

※ 富田中学(準優勝)の石山氏は後に万里の長城駅伝に出場している。

そしてまた彼はインターハイにも出場している。

十年単位で疎遠になっていたが、

引き寄せられるようにサイトで彼を見つけ

テニスのプロコーチテストで合流した。

蓄えた資金で融資を受け、培った信用と自信で立派なテニスクラブを建てた。

真新しいコートに招いてくれて一緒に打ち合った。

出来る限りの支援をしながら彼の成功を心から願っている。

 

中学時代の彼のゾーンと思える言葉が印象に残る。

「俺今日死ぬわ。このままOの後走りた(く)ないで。」

泡を吹いて走り終えた彼はこの時を境に突然超人ランナーへと変貌していた。

この経験がこうした常人では思い切れない境地に飛び降りる

底知れぬ勇気を優先させていると思う。

素晴らしい友のチャレンジに拍手を送りたい。

詳細はこちらから

http://tt-playce.com/

 

2018.02.11. ~ 13.

メディカルフード

お早うございます!

私はメンタルコントロールの為にメディカルフードを飲んでいます。

効き目は一切明言しませんが、

ストレスフルな日常で何にも感じない日々が送れているのは

このサプリのお陰だと思うようにしています。

アメリカ生まれのこのサプリはレッドブックにも載っているとのこと。

個人で感受性が強く落ち込みやすい方や、

50名以上の従業員様が在籍のストレスチェック必須企業様にも一助になれるのかな?

と個人的に思ったりします。

御興味のある方や企業様がありましたら御連絡下さいませ。

http://tommymurakami.com/?page_id=652%2F

2018.01.26. (Fri.)

 

Musinessman(ミュジネスマン)in Tokyo

お早うございます!

ビジネス開拓に向け東京へ行って参りました。

京王プラザホテルの35階~41階はセキュリティーフロアーとなっています。

カードロックをエレベーター内でかざすとオートフロアー指定出来ます。

窓の外は暗闇。かと思っていたら・・・

都庁がそびえ立ってました~!

モーニンググロウ(morning-glow)に高層ビルが映えます。

2020年のオリンピックに焦点を合わせた活動への意気込みを感じます。

空の青が鮮明になってくると更に新宿の街がくっきりと見えてきました。

名古屋では聞き慣れない「平成エンタープライズ様」のバスツアーに参加しました。

海ほたるで富士山を眺めました。

海ほたる名物らしい「メロンパン」。

左上から名物メロンパン、

右に富士山メロンパン(へぇ~)、

北海道メロンパン(海ほたる関係ない)、

メロンピザ(もはやメロンパンじゃない)。

洞窟のある滝とほたるが見れる湿地でランウェイ気取ってみました。

音楽話で盛り上がった添乗員役の小堀さん、WAHAHA本舗所属で

「ガッポリ建設」というコンビで名を売ったお笑い芸人さんです。

※ 御本人様は自虐ネタ連発なので、自慢話はされません。

「エンタの神様」の自称「最低視聴率獲得者」だそうです。

実際には頭の良い方とお見受けしました。

数日後には再度東京でレコーディングを予定しています。

頑張ろう~!!

 

2017.12.10. (Sun.)

 

 

毎年

12.08. は成果を振り返ります、
“平和” の。
あなたが神になられてはや37年。
あなたの力をもってしても
また繰り返そうとしています。
人類は、
自国が抜けがきした上での平等を謳う限り
絶対に理想郷へは辿り着けません。

“No Countries”
今年も
“Imagination” だけで暮れていきそうです。

私はあなたが望んだ
あなたと繋がっていると信じる者です。
“I’m not the only one”
3人目はどこにいるのですか?

あなたが神として一日も早く
“I hope someday the world will be as one”
の願いを叶えられんことを・・・

“God bless our love”
世界だなんてだいそれたものではなく、
せめて身近な人々の愛に神の御加護を。
※ オノ・ヨーコはジョンの最後の作品だと語っています。
事実ではありません。が、
ジョンのこの楽曲への思い入れの強さを
よりドラマティックに語ろうとした真意が伝わってきます。
そんなジョンとヨーコの気持ちを汲んでそっとしてあげたい。
許せる範囲を一定の範囲で共有出来ることもまた
AI に負けない人間ならではの AI(愛)だと思うんです。

Grow Old With Me
〜John Lennon〜
https://m.youtube.com/watch?v=Kd2Pds-UHdo#
※ 訳詞 : “TOMMY” MURAKAMI

Grow old along with me.
共に老いていこう
The best is yet to be.
頂きはまだまだだけど
When our time has come, We will be as one.
僕らが最良の時を迎えた時、きっと一つになれる
God bless our love. God bless our love.
神様、僕達の愛をお守りください
そして我等全ての人の愛に神の御加護を

Grow old along with me.
共に老いていこう
Two branches of one tree.
僕たち二つの枝は一つの木から生まれた
Face the setting sun, When the day is done
最期の時も黄昏の夕陽を浴びていよう
God bless our love. God bless our love.
神様、僕達の愛をお守りください
そして我等全ての人の愛に神の御加護を

Spending our lives together Man and wife together
夫婦共に人生を一緒に過ごしながらいつか・・・
World without end. World without end.
終わりなき世界へ
終わりなき世界で

Grow old along with me.
共に老いていこう
Whatever fate decrees,
たとえ運命に翻弄されても
We will see it through, For our love is true.
僕達の愛は揺ぎなきものだと確信している
God bless our love. God bless our love.
神様、僕達の愛をお守りください
そして我等全ての人の愛に神の御加護を

2017.12.08. (Thu.)

稽古クランクアップ&明日から はい本番!

いよく直人氏は演出家として出し尽くし、
出演者の顔を変えたのを目の当たりにした。
Before
After
これがモティベーティングだ。
いよく直人氏は人として優れた人脈を培ってきた。
性格ではない、生き様だ。
人は言う。
「水飲むふりって・・・ままごとじゃん。」
私は突っぱねる。
「いやいや飲んでないのに観る人には
まるで飲んでいるように見えるのはプロのスキルでしょ。」
出演者は正す。
「その通りです。でもその上に
ままごとを一生懸命やっている姿に感動して貰うのが
僕らの仕事です。」
この人達は哲学者だった。
稽古期間中休みの出演者に代役
(「スタンドイン」と呼ぶらしい)を立てる。
「誰か?」
動きも合わせなくてはならないから
私には到底出来そうにない。
このリスキーな穴に突進する出演者がいる。
私は問う。
「自分がつっかえて周りに迷惑かけたらどうしよう、
とか考えません?」
出演者は主張する。
「〇〇さんのスタンドインして自分にないキャラクターが
出来るところを見て貰いたいんです。『お前こっちか?!』
って言われたいんですよ。次に呼んで貰えた時、
今迄任せて貰えなかった役をやらせて欲しいんですよ!」
アッつ~!
彼らと話す時は夏でも冬でも冷房が要る。
彼らと交わる時、稽古場はオーディション会場と化す。
一人一人が高いスキルと実績を持ち寄り、
それぞれにプライドやアイデアがあれど、
いよく直人氏の演出に従い
全体のまとまりを崩さず高い完成度を目指す。
色の違いを売りにしようとはしない。
彼らに言わせれば「光ってはいない」のだ。
しがらみに揉まれ、
金の工面に躍起になり、
表現しきれない役者達へのもどかしさや打たれ弱さに
翻弄されてきたいよく直人氏の生き様が、
ピュアな演劇バカを引き寄せていると確信している。
こんな純粋なハートの人間が作った自叙伝が
面白くないわけがない。
是非多くの「生きるの辛い~。」
と思っている方々に観て頂きたい!
「いい年の大人がこんなバカみたいなことを
真剣にやっているっていう出演者達の姿を
是非見て欲しいんだよね。舞台にはいないけどさぁ、
俺もあそこに生きているんだよね・・・」
そんないよく直人氏のメッセージが込められた
ビジネススキル目線で見ても胸が熱くなる秀作だ。
 
AYumi のウェブショップ 00F⁴ からのプレゼントは
こちらから ☟
中野ザ・ポケット(新宿起点の劇場です。)
JR 中央線中野駅下車
南口へ出てメインストリートではなく、
線路に沿って西へ。
坂を上りながら最初の角を南(左)へ。
右へ行く何本かの路地にたばこ屋さんがあり、右へ。
セブンイレブンのある交差点を斜め左へ。
200m 程進むと右手にあります。(隣がイオンスーパーです。)
沢山の方々のお越しをお待ちしております!!
2017.11.21. (Tue.)

稽古稽古稽古稽古レコーディング

というハードなスケジュールの中、

00F⁴ webショップ開店を迎えることになり、

各方面の方々に感謝申し上げます。

つきましては、僭越ながら私どもが出演させて頂く

Office Free Size 舞台公演
「Waiting Room」
の11月23日(木)
14:00 ~
19:00 ~
のチケットをプレゼントさせて頂きます。

http://tommymurakami.com/00f4/products/list.php?category_id=16

その他の日時予約は・・・

 

アーティスト様の活動を応援する為のカテゴリーも作成しております。

是非御覧頂き、

今後とも私、そしてショップ長の AYumi を宜しく御願い申し上げます。

 

元バイトAKBメンバーの千代田唯さん、

石川えりなさん(劇中挿入歌を歌います。)や、

オフィスコットンの俳優さん達をはじめ、

演技派(特に演出指示に即時対応してしまう方々が多く感心を超えて感動しています。)

の俳優陣が集結し、玄人(くろうと)にも楽しんで頂けると思います。

私は突然「ハイ、監督(役名で呼ばれています。)カワイイ顔!」

とカメラを向けられ、咄嗟(とっさ)に頑張るも出来ないを超えて

気持ち悪いことと相成りまして候(そうろう)。(笑)

更に!殺陣(タテ)も超スペシャリストが友人としてアドバイス。

いよく直人さんの人脈の広さに驚きますが、

その根拠となる生き様をそのままぶつけた=濃縮した舞台内容となっています。

超娯楽感動(傍で見てて泣きそうになるくらい)大作ですので是非お越し下さい!!

※ 役柄上私は無精髭(ぶしょうひげ)も・・・

使用前写真

  

⇨使用後写真

  

 

東京滞在5日目のレコーディングでは、

やっとヴォーカルテイクが終了しました!

次は「ウグイス坊や」と呼ばれた(笑)私自身のコーラスを録ります。

3rd Single、乞うご期待!!

 

2017.11.16. (Thu.)

時にふと ~Boss & Big Man~

お早うございます!

ヒューレットパッカードのノートパソコン「スペクトル」を買いました。

自らフルネームで表記するのが面倒臭いのか、

ほぼどこにも社名がフルネームでは書かれておらず、

「HP」で表記されています。

=ヒューレットパッカードホームページ=HPHP(紛らわしいわ!笑)

フル装で1TBのものを考えておりましたので、デザイン重視で決めました。

前に「KIRA(東芝)」を使用しておりましたので、比較してみますと・・・

今回の選択の要点は、

KIRAのストレージが低い=データ容量キャパが小さいので、

加工処理を行ったデータは全て外付けハードディスクに移す作戦でした。が、

処理に必要なアプリは結局本体に取り込まないといけない事に気付きました。

早々に4分の3の容量を使ってしまい、何度も再起動をかける羽目になりました。

KIRAの外せるキーボード、画面タッチパネルに期待がありましたが、

実質使用する機会も殆どなく、私としては不要なスペック(機能特性)認識が

今回の経験値として付加されました。(タッチペンもほぼ未使用でした。)

※ 私の場合、自宅と対外的なネットビジネスシーンでの使用、

ミュージック&動画加工での使用頻度が高かったものの、

全く利用を強制される場面はありませんでした。

ジョイント部分がある本体の接触不良は私の場合ありませんでしたが、

使用頻度によってはあり得ます

※ KIRAの電源差し込み部分はコネクタの先が三枚の金属板になっており、

本体のメス部分に金属部分と接触する3本の突起が埋め込まれています。

これをマグネットで引きつけあって固定するのですが、

本体を見やすい位置に動かした際や反対サイドのUSBポートに

若干厚みのある家電(例えばボイスレコーダー等)を差し込んだ際の浮き上がり

によって電源接触部分に歪みが発生すると本体の突起部分が折れるということがあります。

ので、こうしたリスクを背負っても必要か否かはよく考慮する必要があります。

SPECTREの電源は、昔ながらの直接差し込むタイプですが、

入出力兼用のポートから「Type-C」のコネクタで差し込む形になります。

標準のUSB×1 + Type-C USB×2(但し一つは電源に使用する)が外付け可能数です。

ROM は勿論、SDカードの受け口もありませんので、

USB オンリーでのデータやりとりとなります。

慣れる必要があるのは、

「デリートキー(カーソルの右側を消去するキー)の真下が

home = カーソルを行の一番前に移動させるキー」

になっており、デリートの下を叩けば back space = カーソルの前の文字を消去するキーで

イメージが出来上がってしまっている方は結構間違えてイラッとする可能性があります。

因(ちな)みに「back space」は、home の左隣 = 上から二段目、右から二番目にあります。

以上が今のところ思いつく皆さんが知りたいであろう情報です。

御参考になれば幸いです。

 

さて、新品のラップトップ=ノートパソコンを買うと、

「初めに何を聴くか?」

を考えます。

この機種は4K画面で確かによりクリアな画像で見れます。

サウンドもバックのギターやベースまで独立して聞こえてくる優秀な音響システムです。

行き着くところ、「原点」ですね。

私を幾度となく奮い立たせてくれた

「Born To Run ~ブルース・スプリングスティーン~」

でした。

 

俺のような根無し草は走るために生まれてきたんだ!

 

と歌い上げるロックに、評論家をして

「ロックの未来を見た。」

と言わしめた世界観に今だシビレます。

Born To Run ~Bruce Springsteen & The E Street Band~

https://www.youtube.com/watch?v=IxuThNgl3YA

※ 「ここへ来てくれてありがとう!

誰も勝者じゃない、それは皆が勝者だってことだ。」

と言って歌い始めています。

※ 後半 1.2.3.4 ! の後のラストAメロで会場全体が

片手リフト&スィングするシーンは必見です。

 

ブルース(音楽カテゴリーと間違えやすい呼び名です、ハイ。)は、

先の大統領オバマ氏をして

「私は大統領だが、ボスは彼だ。」

とまで言わしめるもはやロック界の Boss ですが、

バックの「E Street Band」の演奏の確かさが礎です。

「ロイ・ビタン」の繊細なピアノ。

叫び型ロックの伴奏にあって非常に確実なタッチで一音一音美しく奏でます。

キラキラ音の出るヤマハやスタンウェイが似合うピアニストだと思います。

「jungleland」のラストの長アルペジオには聴き惚れてしまいます。

「ニルス・ロフグレン」のギターアルペジオもまた素晴らしく、

よく聴かないと聞こえてこないかもしれませんが、

「My Home Town」では強調されていますので是非聴いてみて下さい。

そしてなんといっても朋友「クレアレンス・クレモンズ」、通称「ビッグマン」。

間奏を「スティーブ・バン・ザンド(リトルスティーブン)」が受け持っていたら

これほど売れていなかったかもしれません。

何もないところから9分の楽曲を完成させることは通常困難です。

単調な聴く人が飽きてしまうような楽曲なら出来ます。

ブルースは貧しい家庭環境で見てきたシーンに、

「こう思ってしているのだろう。」という廃退的行動の動機を想像し、

しかしそこにも

「頑張れば夢も叶うさ、腐らず明日も生きていこうぜ。」

と希望のファンタジーを付け加えたストーリーを歌詞にします。

アメリカの下層社会の心を代弁してきたアーティストの物語は、

「ベイビー今夜は夜通し一緒に遊ぼうぜ!」的な歌詞創りとは一線を画し、

到底4分では語り尽くせないものなのです。

アレンジは相当試行錯誤したことでしょう、ピアノ、ギター、サックス、

それぞれが引き立ちバラッドかと思えばエイトになり、

トーンダウンしてからさらに歩み始める雰囲気を醸し出します。

ブルースとE Street Band の英知とテクニックを集結してこその

「ロックの未来」

だったことでしょう。

9分もの長い楽曲に、

「どこも削るところが見当たらない。」

と思った楽曲はこれが初めてでした。

私はこういった楽曲を「ドラマティックロック」と呼び目指しています。

パートのいないシンセドラムやシーケンサーによるシンセサイザーの音が

要所を占めるライブステージではなく、

是非こうした生の音の終結として表現されるロックが評価される未来に期待します。

そしてそれを体現してくれた故 クレアレンス・クレモンズに感謝します。

Jungleland ~Bruce Springsteen & The E Street Band~

 

2017.10.21. (Sat.)

22世紀 ~ホンマルラジオ DAICHIさんとのひと時~

お早うございます!

メディア関係の繋がりが東京中心で、

”名古屋の方と知り合いたいなぁ~”

と思っていたら、

”ホンマル(本気丸出しの略らしい)ラジオ”

のディレクター兼パーソナリティの伊藤様(DAICHIさん)

と繋がることが出来ました。

何かと共通の価値観を語り合えて充実した数時間でした。

DAICHIさんは若くてバリバリ・・・というよりも、

自らの経験から

”全ての人の生き様を尊重する”

に辿り着いた苦労人。

現代の価値観ではまだまだ偏見や異端の標的にされるような生き方にも

積極的にスポットを当てて人権獲得に寄与しようとされています。

名城大学の後輩でもあり、親近感があります。

DAICHIさん、有難うございました!

今後とも宜しく御願い申し上げますぅ~。

http://honmaru-radio.com/

 

近々、

渋谷ラジオtokyoのパーソナリティ、

http://shibuyaradio.tokyo/

シンガー&ソングライターとして、また、

セミナーやテニスツアー等の企画者としてゲスト出演の予定です。

当日は宜しく御願い申し上げます~。す~~っ。

ZZZ・・・

 

2017.04.19. (Wed.)