22世紀 ~22世紀へのメッセージ~

お早うございます!

 

2016年05月16日、

私のセカンドシングルがリリースされましたぁ~!!

☟ Please check label site & “TOMMY” MURAKAMI

http://www.swansong.co.jp/artisst.r/f.html

※ ジャケットの元となったスナップ

Photo by Yuki Tanabe

 

社会人、企業人人生30年。

私の実力で大企業への入社は程遠いおとぎ話でした。

”真面目が売り”

後に分かりましたが駄目なんですね、それでは。

初期の就職では長く勤めました。

平から社長に迄なった経験で、組織のいろはは理解出来ました。

実力にも自信がつき、それを前面に打ち出し、入社から期待され。

それに応える事が私の役割だと思いました。

”成果を出す”

これが最優先に求められます。それに伴い、

新入社員にバリバリやられて役職がついていったら、

誰でも気分のいいものではありませんね。

よくいじめられました、中には裁判になったものもあります。

こんなダークな経は、私に中小企業の問題点をほぼ理解させました。

”問題点を洗い出し、成果を出して、更に皆と上手くやってくれ”

これは、

”医者にがん患者が痛がらないよう完治させてくれ”

と言っているのと同じ、”不可能” な要求なのです。

経営陣、管理職が、歪を生む依頼をしたならば、

その先陣を切り、身を切る覚悟で解決に向け特攻していく

部下達を守ってやらねば!

”個人の保身”

が企業成長の最大の妨げである事をトップが理解する事です。

私とて根は優しい人間です、元々は誰でもでしょう。

”生理的に合わない?”

他人の成果を認めたくない、蹴落としてでも自分が上にいたい、

そんな輩(やから)からよく聞いたせりふです。

”お前がなんぼのもんやねん!!”

そう言ってやりたいです。(実際に言った事はありませんけどね。)

ロジックや仕事上の実力で潰せないとなるといよいよ

”あんた足がちんばだね。”

”自分から殴ってでも問題を起こす”

等もはや手段を選ばなくなります。そんな実態に嫌気がさし、

肩書は自分で創り出す以外に無いと気付き、

自分で仕事をするようになりました。

これは私だけの問題ではないでしょう。

いじめ、自殺、うつ状態・・・

日本に何人いることでしょう?

希望や夢に辿り着く道筋は、自分で切り開くもの。

闇の中光を見出せず、最悪(本人にとっては最良)の選択をしてしまう前に!

是非聴いて頂きたい楽曲です。

 

”後世に遺したいのでこの曲をCDにして下さい!”

とマネージャーに御願いして作成した作品です。

”世も末だ・・・”

は何百年何千年も前から言われてきた事でしょう。

必ず解決出来ます、いつか笑って話せる日が来ます。

闇を手探りでいつまでも歩かず、

私や同じ経験を持つ人に相談して光源を先ず見つけましょう。

遠~くにある点にしか見えないと思いますが、

真っ直ぐに目の前の一歩一歩を光に向かって歩き始めましょう!

それが私のような ”弱者” の生き様なのです。

根が優しいから精神がやられるんです。

自虐ネタで笑いをとる芸人達・・・

私には彼らが優しい人間である事がよく分かります。

”他人を笑いの種にして傷つけたくないんです。”

自分をコケ落として笑って貰う事で世の中を幸せにしたいんです。

私も同じスタンスで活動しています。

人の痛みが分かる事は弱者の ”強味” です、

地面にはいつくばっている今から、立ち上って歩き始めましょう!

とりとめもなく徒然に書き殴りました。

見直さずこのまま残しておきます、精査するよりこの方が伝わるでしょう。

読んで貰って有難うございました、

共感出来る方がいらっしゃったなら幸いです。

”小さき者から小さき者達への讃歌”

是非聴いてみて下さい。

 

小さき者から小さき者達への讃歌

~”TOMMY” MURAKAMI(SWAN SONG INC.)~

http://www.swansong.co.jp/demo/tm2.mp3

 

心の雄叫びが画像に映る迄、妥協無く撮り続けて下さった

”Yuki Tanabe 様”

本当に良いジャケットになりました、有難うございました!

 

ストレスフルな日々を仕事でサポートし、メンタルを支えてくれる

“AYumi さん”

心から感謝しております。

 

CD御購入先

http://www.swansong.co.jp/artisst.r/f.html

 

相談/メッセージ送信先

お問合わせ(Questions)/お申し込み(Applications)/コンタクト(Contact)

2016.05.20. (Fri.)